• > 【ローカルと歩く】こけし&蝶がズラリ! 個性的な収蔵品に出会える宮城の美術館 [FRaU]

【ローカルと歩く】こけし&蝶がズラリ! 個性的な収蔵品に出会える宮城の美術館 [FRaU]

2018年11月12日(月) 10時40分配信

Aiko Shibata

初めての土地へのショートトリップ。限られた時間の中で、楽しく効率よく回りたい。そんな時、情報収集はローカル(地元住民)に聞くのがいちばん確実。今回、宮城県を案内していただいたのは、映像ディレクターの高平大輔さんと、東北スタンダードマーケットディレクターの大河内英夫さん。

県内の手仕事を紹介するウェブサイト「手とてとテ」のスタッフでもある、お二人がおすすめする「故を温ねて新しきを知る宮城の旅」のはじまりです。

東北の伝統・こけしと珍しい蝶、絵画が楽しめる

カメイ美術館

仙台市に本社を置く総合商社カメイ株式会社の創業90周年を記念して開館。3代目の社長である故・亀井文蔵さんが収集した世界各地の蝶、同社相談役の亀井昭伍さんが収集した表情豊かなこけし、そして近代絵画が見られる美術館。

大英博物館とカメイ美術館にしかない世界的に貴重な蝶も見ることができる。

戦前(大正~昭和10年代)の有名こけし工人の作品のほか、14000頭の美しい蝶の標本は見応えたっぷり。類を見ないレアなスポットだ。

Aiko Shibata

カメイ美術館
宮城県仙台市青葉区五橋1-1-23
☎022-264-6543
営業時間:10:00~17:00(入館~16:30)
定休日:月(祝日は開館)
PROFILE

Aiko Shibata

PROFILE

高平大輔 Daisuke Takahira
映像ディレクター。東北を拠点にCM制作や地域PRなどを手がける。現在はwow sendaiで活動中。

Aiko Shibata

大河内英夫 Hideo Okochi
東北スタンダードマーケットディレクター。東北が生んだ伝統工芸品の周知や新しい作家の発掘に勤しむ。
Photo:Aiko Shibata Text:Lisa Nagamine Illustration:Maggie Prendergast

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

VOCEアプリ
成熟に向かう大人の女性へ
  • 成熟に向かう大人の女性へ
  • ベビモフ
  • ワーママ
  • Aiプレミアムクラブ会員募集中!

このページのTOPへ戻る