• > ハワイの夜は、お洒落ロコ行きつけのチャイナタウンの店へ! [FRaU]

ハワイの夜は、お洒落ロコ行きつけのチャイナタウンの店へ! [FRaU]

2017年11月23日(木) 19時00分配信

ハワイの夜は、ビーチ沿いのレストランでゆっくり? それともホテルのバーでしっとり? 今、おしゃれなロコ達が夜に訪れるのはチャイナタウンだという。今回取材したのは、毎月第一金曜日に開かれるイベント、ファーストフライデーの日。この週末はその噂の通り、20時くらいからクラブやバーに入る人々が行列を作り、道まで人があふれ出して大いに盛り上がっていた。

ワイキキなどに比べて安く物件を借りられることから、野心ある若いオーナー達が続々と店をオープン。レンガ造りの建物が並ぶ古い街並みを生かしながら、センスとムードのあるレストランやバーが軒を連ねている。近寄りがたいダーティーなイメージのあった街は少しずつ、ヒップな若者の遊び場に変貌しようとしている。とはいえ、もちろん注意するに越したことはない。飲み過ぎやはしゃぎ過ぎには気をつけて、チャイナタウンで大人の夜遊びを楽しもう。

チャイナタウンのマップ

この辺りに流行りのお店が集結。バス通りなのでウーバーを店前に止められないため、North Hotel St.とNuuanu Ave.の交差したところで降りるのがベスト。
夜風と街の雑踏が心地よいテラス席でダウンタウンの夜を満喫!

Photo:Mai Kise   

夜風と街の雑踏が心地よいテラス席でダウンタウンの夜を満喫!

『The Tchin-Tchin! Bar』
「看板のない店」と聞くと、特別な場所に行くようで少し高揚する。ここ「The Tchin-Tchin! Bar」もそんな「看板のない店」だ。小さな「39」という数字を頼りに階段を上がった先には、長いバーカウンターとワインセラー、それに座り心地の良さそうな革張りのソファーが印象的な空間が広がる。

Photo:Mai Kise   

ブルックリンを思わせるようなヴィンテージライクなインテリアもおしゃれで、日本のファッション関係者やモデルにもファンが多いというのも納得。聞けば、オーナーはダウンタウンブームの火付け役とも言える「Lucky Belly」や「Livestock Tavern」などの人気店を手がけた人物だとか。ルーフトップバーでゆったり気持ちよく飲むのもいいだろう。

Photo:Mai Kise   

付け合わせのジャムも美味しい「ARTISAN CHEESE」(写真右、$16)や、訪れる人が必ず頼む人気メニュー「CHARCUTERIE」(同左、$14)など、アルコールに合うおつまみ系メニューが充実。

Photo:Mai Kise   

ワンプレートでしっかりボリュームがあるので、グループでシェアするのにもぴったり。ステーキやサンドイッチなどメインメニューもあるので一軒目にも使える。

Photo:Mai Kise   

気さくな女性スタッフがシェイカーを振って作ってくれたのは、オリジナルカクテル($10~)。店内にはワインセラーもあり、120種類が揃う。レアな品種のぶどうを使ったものなど、ユニークなワインに自信がある。

Photo:Mai Kise   

入り口はここ!

The Tchin-Tchin! Bar(ザ・ティン・ティン・バー)
39 N Hotel St., Honolulu
TEL 528-1888
営業時間:17:00~0:00
定休日:日・月・祝

週末はクラブとしても盛り上がる「Bar35」の隣、「39」と上に書かれた扉が目印で、表に看板は出ていないので要注意。階段を上っていくと開放感のある空間が待っている。
ヒップな空間で楽しむラテンアメリカ×フレンチのフュージョン

Photos:Akira Kumagai 

ヒップな空間で楽しむラテンアメリカ×フレンチのフュージョン

『Grondin French-Latin Kitchen』
ラテンアメリカ×フレンチという新鮮な組み合わせは、オーナー夫婦の出身地が関係している。NYのレストランで修業をしたデビッドはエクアドル出身、妻のジェニーはフランス出身。伝統的なフランス料理に、カジュアルなラテンアメリカ料理をミックスすることで、食文化の違いや素晴らしさを表現している。

Photos:Akira Kumagai 

ベーコンやポーチドエッグがトッピングされたサラダ「SALADE FRISÉE」($12)やハチミツがかかった揚げもの「MUCHINES」($8)、グリーンバナナを薄くスライスして揚げたものを添えた「PRAWN CEVICHE」($15)など、独創的で新感覚なメニューが楽しい!

Photos:Akira Kumagai 

Grondin French-Latin Kitchen(グロンディン・フレンチ-ラテン・キッチン)
62 N Hotel St., Honolulu
TEL 566-6768
営業時間:11:00~14:00(土・日10:00~)、17:00~21:00
定休日:月・火・祝

魚をモチーフにした看板と、お店の前にあるネオンで光る木が目印。ブランチメニューも用意されている。レンガにタイルという内装もお洒落で、ランチタイムもロコで賑わう。
高い天井の赤煉瓦倉庫をリノベしたニューアメリカン料理のお店

Photos:Akira Kumagai 

高い天井の赤煉瓦倉庫をリノベしたニューアメリカン料理のお店

『Fête』
平日の夜でも多くの人で賑わう人気店。2016年にオープンしてから程なく、そのおいしさが噂になって、予約なしでは入れない人気店に成長した。

 

Photos:Akira Kumagai 

「BACALAO FRITTERS」(写真奥、$12)。白身魚のフライは昼も夜も人気だ。「COCONUT-LIME PRAWNS-」(同手前、$17)カウアイ海老を贅沢に使った一品。

ここで食べられるのは、韓国にルーツのある女性シェフによるどこかアジアテイストを感じるニューアメリカンな料理たち。洗練された味付けのカルボナーラ($18)など、パスタも人気がある。ホテルストリートとヌアヌアベニューの角にあった古い倉庫を生かしたブルックリン風の内装で、オーナー夫婦のセンスのよさが際立つ。チャイナタウンの今を楽しむ食事を是非ここで体験してほしい。

Photos:Akira Kumagai 

Fête(フェット)
2 N Hotel St. Honolulu
TEL 369-1390
営業時間:11:00~22:00(14:00~17:00はスナックアワー)、金・土~23:00
定休日:日・祝

ホテルストリートとヌアヌアベニューの角にある流行りのお店。ランチタイムも多くの人で賑わう。夜は予約しておくのがベター。
●情報は、FRaU2017年12月号発売時点のものです。

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

VOCEアプリ
成熟に向かう大人の女性へ
  • 成熟に向かう大人の女性へ
  • ワーママ
  • Aiプレミアムクラブ会員募集中!

このページのTOPへ戻る