井上芳雄さんが語る「人生が一変した瞬間」[with]

2016年08月11日(木) 17時30分配信

井上芳雄さんの「人生が一変した瞬間」とは? 撮影/蓮見徹

不朽のミュージカルとして長く人気を博している『エリザベート』。オーストリア皇后・エリザベートの悲劇の人生を描いたものだが、中でも女性客に人気なのが、報われない愛をエリザベートに捧げる黄泉の帝王・トート。with9月号では、城田優さんとのWダブルキャストで演じている俳優の井上芳雄さんに話を伺いました。

 

「僕はデビュー自体が『エリザベート』だったんです。もう16年前。オーディションに合格してエリザベートの息子・ルドルフを演じたのですが、この出演によって普通の音大生だった僕の人生がまさに一変した。」と、井上さんは語る。

最近では映画『アナと雪の女王』や『レ・ミゼラブル』の大ヒットなども追い風となり、ミュージカルブームが起こっていますが、それに対して井上さんは「ミュージカルってずっと盛り上がったり下がったりを繰り返しているんですよ。バブルのときに上がって、リーマンショック後に『危機⁉』となって。ある種景気の指標的存在なのかもしれないですね。そして今再び盛り上がりを見せていて、with世代のお客さんも増えましたよ。ただ年齢にかかわらずファッションの傾向は似ていて、皆攻めすぎないというか、上品な雰囲気の方が多いですね」と嬉しそうに話す。

福岡・博多座での『ミュージカル エリザベート』はいよいよ、8月6日からスタート。歌唱力と王子のようなルックスから「ミュージカル界のプリンス」と呼ばれる井上芳雄さん。これからの活躍にますます目が話せません!

 

2016年with9月号より

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

VOCEアプリ
成熟に向かう大人の女性へ
  • 成熟に向かう大人の女性へ
  • ベビモフ
  • ワーママ
  • Aiプレミアムクラブ会員募集中!

このページのTOPへ戻る