• > 【シワの基本】ほうれい線の原因は?消す方法は?【ドクターが基礎から解説します!】 [VOCE]

【シワの基本】ほうれい線の原因は?消す方法は?【ドクターが基礎から解説します!】 [VOCE]

2018年09月14日(金) 11時50分配信

年齢印象を大きく左右する肌悩みのひとつ“シワ”。引っ張って、紐のように取り去れたらいいのに……! そんな、できてしまったシワの改善方法、シワを作らないための最新ケアをレポート。

美容皮膚科医による本格ビューティコラム。タカミクリニック院長 高見先生が、最先端の美容医療の見地から、ビューティの「?」にお答え! 聞き手は、ビューティエディター 安倍佐和子さん。

教えてくれたのは

タカミクリニック院長
高見洋先生
美容皮膚科医。タカミクリニック院長。ニキビ、毛穴治療、ヒアルロン酸注入などのアンチエイジング治療の第一人者。高い技術力から、女優やモデル、美容関係者から高い信頼を得ている。

質問したのは

化粧品会社勤務を経て、女性誌編集者に。現在はフリーランスとして、多くの女性誌で編集・執筆活動を続けるほか、広告、化粧品マーケティングなどの分野で幅広く活躍。認定ホメオパスの資格を有し、フィトテラピーアドバイザーのスキルも。ホリスティックからサイエンス、モード系メイクアップまで、得意な分野は幅広い。

Q.そもそも、シワってどういうメカニズムで起こるものなんですか?

A.シワは、老化による皮膚機能や、皮膚から皮下組織のボリュームの低下などの内的要因と、紫外線などによる外的要因、知らず知らずのうちに定着してしまう表情グセ、などが重なってできます。


高見先生:シワは年齢を重ねるごとに増え続けてしまうもので、自然に改善することは、まずありません。年齢を重ねることは止められませんが、しっかりとしたケアを行えばシワの進行を遅らせることができますし、また、できてしまったシワを改善することも可能です。まずはシワができるメカニズムを知って、自分にあったケアをはじめることが大切です。

安倍佐和子さん:シワができやすい人、できにくい人ってあると思うのですが……。

高見先生:まず、シワができやすい条件ですが、肌質的には、皮膚が薄く、皮脂の分泌量が少ない乾燥系に。また、部位的には表情筋の動きが多いところ。顔で言えば、目のまわりやほうれい線などが、あてはまります。とくに、ほうれい線、マリオネットラインが目立ちやすいのは、肉付きがいい人です。額の横ジワの場合は、老化による額部分の肉痩せ、マスカラを塗る時などに無意識に行っている表情グセなど、原因はひとつではなく、いくつも重なっていて、さまざまなケースが考えられます。
Q.クリニックに来院される方のうち、一番多いシワの悩みの部位は、どこなんでしょう

目尻のシワ

Q.クリニックに来院される方のうち、一番多いシワの悩みの部位は、どこなんでしょう

A.まず、カラスの足跡と呼ばれる目尻や涙袋の下、ちりめんジワなどの「目もと」。
高見先生:そしてほうれい線、唇の縦ジワなどを含む「口のまわり」、おでこの横線や眉間のシワなど「額」の順です。実際には、気になる部分が一ヵ所ということではなく、数ヵ所抱えているケースが多いようです。それだけ、肌質や表情筋の動きに深く関係しているといえます。

安倍佐和子さん:悩みの深刻さによって、クリニックではどんなケアを推奨しているのですか?

■浅いシワ
ちりめんジワは、角質層の水分不足が主な原因。保湿ケアをしないでいると、深いシワにつながる可能性があるので、早めのケアが必要です。まずホームケアでは、化粧水で保湿したあと、レチノールなどシワに効果のある成分が高配合されたアイテムをおすすめしています。1回だけなく数回重ね塗りをするなど、使用方法を徹底すれば、化粧品でもちりめんジワの改善にじゅうぶんつながります。そしてクリニックでは、真皮層にアプローチする“タカミ式メソフェイシャルで、皮膚に必要な美容成分を充てんする、医療レベルの保湿ケアをおすすめしています。

keyword レチノール
ビタミンAの一種であり、皮膚や粘膜の形成に重要な栄養素。レチノールの供給が不足すると、肌は乾燥し、シワやたるみなど、さまざまな肌のトラブルを招くことに。レチノールを食品から摂取する場合は、ビタミンAとして多く含まれるレバー・うなぎの蒲焼・チーズなどの動物性食品を摂るようにするといい。美容皮膚科では、薬や化粧品として有効に使用している。

目もとのシワ

■深いシワ
目もとに刻まれているような深いシワは、老けた印象や疲労感を与えてしまうもの。とくに、目もとのシワは女性だけでなく、男性でも悩んでいる方が多いパーツです。ただし、ホームケアでの改善はあまり期待できません。
クリニックでは、ヒアルロン酸注入により、ほどよいボリュームを与えシワを薄くし、若々しい印象を取り戻すことが可能です。同時にクマでお悩みの方は、クマも改善することができます。
Q.シワの部位別に行われている、クリニックでの治療法を教えてください。

ボトックス注射が適応。

Q.シワの部位別に行われている、クリニックでの治療法を教えてください。

A.現在クリニックで行っている、「目尻のシワ」や「額」「ほうれい線」、そして最近増えている「首のシワ」についての治療法を、お教えしましょう。

■目尻のシワ
“カラスの足跡”とも呼ばれる、笑った時や力を入れて目を閉じた時に出る「目尻のシワ」には、ボトックス注射が適応します。

ヒアルロン酸注入でより自然に。

■額のシワ
クリニックでの治療法に、「ボトックス注射」や「ヒアルロン酸注入」があります。
「額のシワ」など、表情筋の動きに伴ってできるシワに関しては、ボトックス注射での治療がポピュラーです。ボトックス注射に使用される「ボトックス」とは、A型ボツリヌス毒素から抽出した成分。ボトックスは、筋肉と神経の結合部に作用し、局所的に筋肉の動きを弱め、筋肉の収縮を制御することで、表情ジワに効果を発揮します。ただし、注入位置、注入量で仕上がりが左右されるこの治療法。通常、額にボトックスを注入すると眉が動かなくなり、鉄仮面のようになってしまうこともあると言われています。笑っても眉が動かず不自然に見える……ということもあるので、確かな技術を持った医師のもと治療を行うことが重要です。
また、より自然な改善方法を求める方には、ヒアルロン酸注入で治療を行うことも。シワはもちろん、額全体の形がよくなり、ハリも出るため、ボトックス注射よりも若々しくなったと喜ばれる方も多くいます。

医師の技術、センスで差が出るほうれい線。

■ほうれい線
ほうれい線は、表情ジワやたるみ、顔痩せなど複数の原因から深く刻まれていくパーツ。見た目に年齢を感じさせるのと、化粧品ではなかなか解消しにくいパーツのため、ほうれい線の改善が目的でクリニックに来られる方が多くいます。
ほうれい線の早期改善メニューで人気なのが、ヒアルロン酸注入です。ただし、現在、多くのクリニックで行われているヒアルロン酸注入は、ほうれい線を消すという作業に終始してしまうケースがほとんどで、“線”は薄くなったけれども、なんだか若く見えないという声が多いのが実状です。多くの方が望んでいるのは、線を消すのと同時に、ふっくらプリっとした口もとにして欲しいということ。ただ線を消すだけでなく、ボリュームが落ちてしまった頬や口もとなど、皮膚を“面”で持ち上げて、ふっくらさせて線を消す、という高度なテクニックを必要とします。ヒアルロン酸注入は医師の技術、センスによって、大きな差が出てしまう治療法と言えますので、医師選びを慎重に行うことが大切です。
■首のシワ
最近は、顔だけではなく首のシワのケアで来院される方も増えています。手首同様に、首は関節の一部、どうしてもシワは避けられないパーツです。でも、手首のシワを見ても「老け」を感じないのに、首もとのシワを見ると「老け」を感じてしまう、それは線だけでなく、じつは年齢と共に首の皮下組織のボリュームが落ちて、皮膚が薄くなっていることも原因です。ホームケアでも、顔同様、首まできちんとスキンケアを忘れずに。クリニックでは、コラーゲン生成を促すことで、小じわの改善やハリのある首元にしていくタイトニング効果の高いタカミのHIFU治療や、真皮に美容成分を導入できるタカミ式メソフェイシャルの治療をおすすめしています。
Q.日頃から気をつけるべきことはありますか?

ピンク色の筋を鍛える方法もおすすめ。

Q.日頃から気をつけるべきことはありますか?

A.例えばドライヤーを使うときなど、無意識に眉をあげ、額にシワがよる表情をしていることがありませんか? “額にシワを寄せる”クセも、毎日の積み重ねで、額の縦ジワや横ジワを作ってしまうことに。


高見先生:マスカラを塗るときや、本を読むとき、難しい作業をしているときなどにも共通していえます。日頃からシワを作る表情をしないように意識し、表情グセを定着させない“意識ボトックス”を習慣づけましょう。また、予防策のひとつとして、顔の筋肉である“口角挙筋”や、首のシワに効果のある“広頚筋”を鍛える方法もおすすめです。

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

このページのTOPへ戻る