• > 年末年始のホームパーティーはバーミキュラ鍋でおもてなし [with]

年末年始のホームパーティーはバーミキュラ鍋でおもてなし [with]

2017年12月31日(日) 11時00分配信

料理研究家、大庭英子さんの新刊、『毎日の「バーミキュラ」レシピ』(講談社)より、男子の胃袋はもちろん、みんなをハッピーにしてくれる絶品レシピをご紹介。人が集まるこの時期にぴったりなパーティーメニュー。SNS映えも◎な鯛めしとごちそうサラダをピックアップ!
見た目も華やか♡ パーティーメニュー

鯛めし

見た目も華やか♡ パーティーメニュー

【鯛めし】
ご飯もおいしく炊けちゃうのがバーミキュラ。パーティーにおすすめのごちそう感のある鯛めしが切り身を使えば手軽にできます。おいしいおこげも鍋で炊くご飯の楽しみです。
材料 5~6人分

鯛めし

材料 5~6人分

米 3合(540㎖)
水 540㎖
鯛 たい (切り身) 3切れ
A酒 大さじ1
塩 小さじ1/ 4
B酒 大さじ2
塩 小さじ2/ 3
みつば 1束

作り方

1 米はといでざるに上げて水けをき る。鍋に入れ、分量の水を注いで約 30分おく。

2 ボウルに鯛を入れ、Aをふって混 ぜる。

3 1 の鍋にBを加えて混ぜ、米の上 に2 の鯛をのせる。ふたをして中火 にかけ、煮立ったら弱火にして約13 分炊く。火を止めて約13分蒸らす。

4 ご飯が炊けたら鯛を取り出し、骨を取って鍋に戻し入れる。6~7㎜長さに切ったみつばを加えて全体をよく混ぜ、鯛をほぐす。

牛すね肉と野菜のごちそうサラダとコンソメスープ

【牛すね肉と野菜のごちそうサラダとコンソメスープ】
バーミキュラの得意技、弱火でコトコト煮てうまみを引き出したごちそうサラダ。お肉のトッピングでサラダもパーティー仕様に。簡単なのに華やかに見えるから、おもてなしにもぴったりです。牛すね肉のだしがよく出たゆで汁はスープにアレンジ。

材料 4~5人分

牛すねかたまり肉 600g
水 カップ4
A白ワイン カップ1 /3
玉ねぎ(縦4等分に切る) 1個
にんじん 1/ 2本
セロリの葉など 適量
しょうがの皮 適量
パセリの茎 2~3本
ローリエ 1枚
タイム(あれば) 2枝
塩 小さじ1
エンダイブなど 適宜

・ドレッシングの材料
玉ねぎのみじん切り(ふきんに包み、水にさらして水けを絞ったもの) 大さじ4
ピクルスのみじん切り 大さじ2
パセリのみじん切り 大さじ2
トマトのみじん切り 1 /2個分
ワインビネガー 50㎖
オリーブ油 100㎖
塩 小さじ1
こしょう 少々

作り方

1 牛肉は調理前に室温に戻し、全体をたこ糸で縛って形を整える。

2 鍋に1 と分量の水を入れて中火にかける。煮立ったらあくを取り、Aを加えてふたをし、弱火で約1時間、肉がやわらかくなるまで煮る。

3 肉は煮汁につけたまま冷ます。冷めたらたこ糸を取り、6~8㎜厚さの輪切りにしてバットに並べる。

4 ボウルにドレッシングの材料を混ぜ合わせ、3 の肉にかけ、約20分おいて味をなじませる。

5 好みでエンダイブなどを食べやすくちぎって器に敷き、肉をのせ、ドレッシングをかける。

コンソメスープ

材料 4人分>
牛すね肉のゆで汁 カップ3~4
卵白 1個分
塩、こしょう 各少々

作り方 
1 鍋に卵白を入れ、冷たいままのゆで汁を少しずつ加えながら混ぜる。

2 鍋を中火にかけ、木べらで絶えず混ぜながら加熱し、卵白が白く表面に上がってきたら弱火にして3~4分煮
る。

3 ざるにペーパータオルを敷き、2をこす。鍋に戻して中火にかけ、煮立ったら、塩、こしょうで調味する。

POINT

牛すね肉は調理前に室温に戻すと、火の通りにムラが出ずにしっとりとやわらかく仕上がる。またゆで汁に卵白を入れるのは、卵白があくを吸収して澄んだスープにしてくれるから。ゆで
汁をコンソメスープに昇格させる隠し技。

PROFILE

大庭英子さん 
料理研究家。身近な材料と普段使いの調味料で作る、簡単でおいしく、アイデアあふれた料理に定評がある。和・洋・中華・エスニックのジャンルを超えた幅広いレパートリーは、どれも自然のおいしさで、たくさん食べても飽きない味わい。雑誌・新聞・広告と活躍の場も広く、あらゆる年齢層から支持を得ている。著書の『おいしい豆料理手帳』(家の光協会)、『ラクラク冷凍レシピ』(講談社)など多数。

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

このページのTOPへ戻る