• > ちょうどいい”色っぽ”メイクは、指で塗るグラデアイ!【千吉良恵子さんの愛され顔のつくり方】 [VOCE]

ちょうどいい”色っぽ”メイクは、指で塗るグラデアイ!【千吉良恵子さんの愛され顔のつくり方】 [VOCE]

2017年11月06日(月) 21時00分配信

好感度UP確実なメイクも、顔立ちに合っていなければ効果が半減。いいところをいかしつつ欠点をカバーして好感度を引き上げる、顔タイプ別「新・愛され顔」を、千吉良恵子さんが指南!
【大人顔のお悩み】色っぽさのさじ加減が難しい……

【これで解決!】透け感とつやめきで上品な色気

【大人顔のお悩み】色っぽさのさじ加減が難しい……

大人顔は一歩間違うと色気が過剰になり、下品な印象を与えてしまう危険が。目指すべきは、シャドウの透け感とつやめきで醸し出す、目を伏せたときにグッとくる色気。前面に出すぎない色気が、大人顔にはちょうどいい。
Make-up Point

◆3色を指でしっかりなじませて、まぶたが透けるグラデに

Make-up Point

1をA→B→Cの順にぼかしていき、指でよくなじませる。なじませることで透け感とツヤが引き立ち、上品な色気に。

使ったのはコレ!
【1】レ キャトル オンブル 286(限定発売)
繊細な色づき&ツヤ。透け感のあるグレイッシュなピンクブラウン。シアーにつき、ニュアンスで色っぽさをプラス。

◆色は抑えるけれどラインはきっちりと。リップは抜きすぎ注意

リップの色が強いと下品な色気に。ヌーディな2の色を輪郭をきっちり取って塗るのが、色気と上品さの好バランス!

使ったのはコレ!
【2】ルージュ ヴォリュプテ シャイン 61(限定発売)
色気が潜むヌードカラー。ヌケ感がありながら少しの赤みが肌色を明るく見せるヌーディローズ。

ヘアスタイルはコレ

ゆるいウェーブで、キツさを和らげると同時に柔らかな女らしさを加味。耳をチラッと見せて、やりすぎないスキをつくるのも有効。

 

撮影/菊地泰久(vale. /人物)

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

このページのTOPへ戻る