• > 今っぽい引き算メイクの限界、おとなはここまで! [おとなスタイル]

今っぽい引き算メイクの限界、おとなはここまで! [おとなスタイル]

2017年10月17日(火) 10時00分配信

撮影/目黒智子(モデル、静物)

ホットフラッシュや汗ばむ季節、メイクで清潔感を出すためにはどうしたらいい? 今回は、メイクアップアーティスト・小森由貴さんにアドバイスをいただきました。

ノーチーク&ノーマスカラの勇気を持つ

「『全部、一生懸命しなくちゃ』と思い込んでいるおとなが多い気がします。総じてみんな肌が綺麗。引き算して自分を生かすほうが今っぽいです」(メイクアップアーティスト・小森由貴さん)。
たとえば、ノーチークにすると赤の口紅が映える、ノーマスカラにすると強め眉が似合う。ときに、思い切って引き算すると顔がアップデートされ、新鮮な表情に出会える。
「逆毛」と「艶」で、眉から清潔感

オススメアイテム

「逆毛」と「艶」で、眉から清潔感

「眉も髪と同じ。逆毛と艶で若く見える」というプロの言葉をきっかけに眉マスカラにトライ。実際、試すと、いつもの眉にたったひと塗り加えるだけで、表情が生き生きする。こんなにも差があるなんて。透明なら万能。自分の眉色に合わせれば最強。これぞおとなの新定番!

〈右から〉●毛流れを整えながらボリュームのある自然な立体眉を作る。自眉になじみやすく程よい艶が逆毛に最適。ボリューム アイブロウマスカラ(写真は04)●軽やかですべるような滑らかなジェルテクスチャー。眉毛の一本一本をブラシが見事にキャッチしてナチュラルな艶のある美眉へ。ルジェル スルスィル(写真は#350)
青の「サブリミナル効果」を利用する

オススメアイテム

青の「サブリミナル効果」を利用する

「おとな世代は、まぶたに偏光ブルーを仕込むのがおすすめ。光が当たったときに内側からの輝きが生まれ、透明感の『残像』が続きます」(小森さん)。ジェルやクリームタイプのアイシャドウは、絶妙な濡れ感と艶がおとな向き。その際、上まぶた際をアイラインやマスカラで引き締めるのがコツ。

〈右から〉●メタリックの煌めきがおとなのクールビューティを表現。独自処方で日中のまぶたケアまで可能に。インテグレート ウオーターバームシャドー BL275●濃厚かつ透明感のあるニュアンスが見事な濡れ艶グラデを叶える。シルバーとレッドパールの煌めきが神秘的な印象。A QMW アイグロウ ジェム BL980
目にも唇にも、「見えない線」をつくる

オススメアイテム

目にも唇にも、「見えない線」をつくる

目も唇も輪郭がぼやけがち。とはいえ、線が目立つと痛々しい。目を大きく、口角を上げて見せたいと「なりたい線」を描くと清潔感から遠のくので、「自分のフレームに沿って補う気持ちで」(小森さん)。繊細な線が描けるアイライナー、無色透明のリップライナーなど見えない線を。

〈上から〉●黒い瞳の存在感を絶妙に引き出すカーキ混じりのブラウン。黒目や肌になじみながらも、洗練されたまなざしを実現。モテライナー リキッド BrBk●にじまないキレイな仕上がりのリップラインを叶える無色透明ライナー。見えないけれど威力を発揮。リップ・ライナー ユニバーサル・トランスペアレント
鏡なしで直塗りできる「赤透け口紅」さえあれば!

オススメアイテム

鏡なしで直塗りできる「赤透け口紅」さえあれば!

おとなの赤は難しいとずっと思い込んでいたけれど、使い慣れると「なしではいられない」。肌の透明感も目の存在感も、同時に際立たせてくれる強い味方だ。ただ「ぱきっと艶」も「ぱさっとマット」もおとなの日常には不向き。
「目安は、唇を?んだ直後のような、じゅわっと赤みを帯びた色」(小森さん)。鏡なしで直塗りできるほど薄づき&ジューシィな一本なら、失敗なし。

〈上から〉●ピュアな透明バームとほのかな血色感のティントが見事に融合。ヴォリュプテ ティントインバーム(写真はNo.6) ※在庫が不安定なため、販売についてはYSLボーテ公式サイトでご確認ください。●素の唇が透けるような絶妙な透明感の2/5発色。キッカ メスメリック リップスティック (写真は08)

 

 
『おとなスタイル』Vol.8 2017夏号より
高橋一輝[近藤スタジオ](静物)

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

このページのTOPへ戻る