• > 春を感じる、菜の花の簡単&おしゃれレシピ [おとなスタイル]

春を感じる、菜の花の簡単&おしゃれレシピ [おとなスタイル]

2017年03月26日(日) 09時17分配信

ほろ苦い春の味わい、菜の花は調理の前にひと手間を。ちょっとぬるめのお湯にくぐらせると、たちまち元気いっぱいになります。花はアクセサリーのように飾りましょう。

春の訪れを感じさせてくれ、黄色いビタミンカラーは見るだけでも元気がもらえる菜の花。
生命力あふれる春野菜の中から今回は“菜の花”を主役にした可憐なおもてなし料理を、
「日本でいちばん予約のとれないサロン」の「ボアメーザ」主宰、若林三弥子さんに教えていただきました。
菜の花のニョッキ プチしいたけのファルシ

プチしいたけがキュート。

菜の花のニョッキ プチしいたけのファルシ

【 材 料 】(2~4人用)

■菜の花…1/2束 50℃の湯につける
■じゃがいも…1個 皮つきのまま柔らかくなるまで蒸し、皮をむいてつぶす
■おから…大さじ1
■パルミジャーノすりおろし…小さじ2
■プチしいたけ…8個 バター…10g
■蒸し炒め用A(塩:ふたつまみ オイル:少々 だしまたは水:大さじ3)
■柚の皮のすりおろし…適量

【作り方】

1:鍋にざく切りの菜の花を入れ、Aを加え、強火で3分間蒸し炒めする。

2:1と、じゃがいも、おから、パルミジャーノをフードプロセッサーですりつぶす(粘りがでてもよい)。

3:プチしいたけに2をこんもりと盛り、フライパンに並べる。バターを加えて中火にかけ、バターが溶けたら蓋をして弱火にし、2分程度蒸す。

4:仕上げに柚の皮のすりおろしをふる。
たらこの菜の花巻き

色合いも素敵。

たらこの菜の花巻き

【 材 料 】(たらこひと腹分)

■チーマ・ディ・ラーパ(イタリアの菜の花)…1/2束 50℃の湯につける
■たらこ…ひと腹
■蒸し炒め用A(塩:ふたつまみ オイル:少々 だしまたは水:大さじ3)
■しっとり煮用B(だし:300ml 煮切りみりん・うすくち醤油:各大さじ2)

キッチンペーパーに菜の花の葉を広げ、手前にたらこをのせ、巻いていく。

【作り方】

1:たらこはひと腹をふたつに分け、いちど煮立てて火をとめたBに入れて蓋をし、3時間~ひと晩置く。

2:鍋に菜の花の葉を入れ、Aを加え蓋をし、強火で2分蒸し炒めする。水気を切り、キッチンペーパーに広げる。

3:2の葉の上に1のたらこを置き、手前から巻く。少し置き、切り分ける。
菜の花のすり流し

ころんとしたフォルムの器にすれば見た目も◎。

菜の花のすり流し

【 材 料 】(小さめのカップで4人分)

■菜の花…1/2束 50℃の湯につける
■絹ごし豆腐…100g しっかり水切りする
■あさりorはまぐり…4個
■ミニ紅白大根…適量
■蒸し炒め用A(塩:ふたつまみ オイル:少々 日本酒・だし:各大さじ3)
■すり流し用B(Aの残り汁に水を足し100ml程度に 白味噌:小さじ2)
■貝の炒め揚げ用C(太白ごま油:大さじ2 バター:少々)

【作り方】

1:鍋にざく切りの菜の花と貝を入れAを加え、強火で3分蒸し炒めする。

2:貝が開くまで余熱を通す。菜の花は飾り用を残しておく。

3:菜の花と2の水分、豆腐、Bを加えミキサーなどでなめらかに攪拌する。

4:2の貝の殻を外し、貝に小麦粉(分量外、適量)をまぶし、フライパンに入れたCでこんがり炒め揚げする。

5:3を器に入れ、4と、飾り用の菜の花、スライスしたミニ紅白大根を飾る。

 
おとなスタイルvol.3 2016春号より
(撮影/清水奈緒)

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

VOCEアプリ
成熟に向かう大人の女性へ
spooonn!

PRESENT

  • 成熟に向かう大人の女性へ
  • spooonn!
  • ワーママ

このページのTOPへ戻る