• > メイクのプロが教える「眉の描き方」軽いメイクでも美眉で格段にいい顔に! [おとなスタイル]

メイクのプロが教える「眉の描き方」軽いメイクでも美眉で格段にいい顔に! [おとなスタイル]

2016年12月20日(火) 09時00分配信

基本をマスターして「いい顔」に

パウダー、ペンシル、マスカラ、眉を描くにもアイテムが多すぎて「どう使い分けたらいいのか分からない!」「簡単に使えるものはないの?」という、疑問をここで解決!
基本的な眉の描き方と不器用でもキレイに仕上げることができる眉アイテムを、ヘア&メイクアップアーティストの木下庸子さんに教えていただきました。
眉を描く基本プロセスを覚えよう!

プロセス1

眉を描く基本プロセスを覚えよう!

1:アイブロウパウダーで眉頭から1cm入った部分から描く。

プロセス2

2:眉尻は、小鼻と目尻を結んだ延長線の内側まで。

プロセス3

3:眉頭の下側ラインを整え、

プロセス4

4:眉頭から眉山までは直線的に描く。

プロセス5

5:仕上げはペンシルで1本ずつ足りない毛を描く。

プロセス6

6:下側ラインの凹凸をなだらかにし、眉毛の生えていない部分を埋め、眉尻はすーっと一本の線に。

プロセス7

7:最後に鏡で顔全体を確認。斜め、横顔も確認。

不器用でもキレイに仕上がる、そんな眉アイテムが増えています!

眉メイクの失敗の多くは、発色が濃すぎるアイテムが原因ですが今どき“濃く描けない”、失敗ほぼナシの使いやすいものが豊富です。

「おすすめはブラウン系。年代物のアイテムを使っている方は発色が濃すぎないか確認してください」と木下さんからアドバイス。

眉マスカラ

自然な毛流れとボリューム感アップ。

1:ミスター・ブロウ・フィクサー/パルファムジバンシイ
2:アイブロウマスカラ BR25/エレガンス
3:Wアイブロウカラーズ 02/RMK

眉パウダー

1:右端は眉尻用の落ちにくいパウダー。
(オーブクチュール デザイニングアイブロウコンパクト BR812/花王ソフィーナ)

2:肌に密着して落ちにくいジェルパウダー。
(スーシ ジェル/ランコム 3:アイブロウ リシェイパー/ランコム)

4:右端はノーズシャドウ。
(パーフェクト ブロウパウダーBR20/エレガンス)

眉ペンシル

1:コスメデコルテ AQ MW ペンシル アイブロウ BR301/コーセー

2:太めの芯の明るい色と、細い芯のダークカラーがセット。
(キッカ エンスローリング アイブロウペンシルW 02/カネボウ化粧品)

3:カネボウ ペンシルアイブラウ01/カネボウ インターナショナルDiv.

4:ペンシルとスクリューブラシのほか、パウダーチップも内蔵。
(オーブクチュール デザイニングアイブロウBR 802/花王ソフィーナ)

5:薄眉ケア用の美容液。淡いブラウンでメイク効果もあり。
(スカルプD ボーテ ピュアフリー アイブロウ/アンファー)
■Profile

木下庸子さん
ヘア&メイクアップアーティスト
嶋田ちあき氏に師事した後’07年に独立。雑誌や広告のほか女優や文化人からの指名も多く、日常で美しく映えるメイクに定評あり。ANAのCAの新人研修や一般女性を対木下庸子さん 象に少人数のメイクスクールも行っている。

 

『おとなスタイル』Vol.5 2016秋号より
(撮影/清水朝子)

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

このページのTOPへ戻る