• > 目元のたるみ・むくみを撃退! 垣内式コリ潰しマッサージ [VOCE]

目元のたるみ・むくみを撃退! 垣内式コリ潰しマッサージ [VOCE]

2018年11月18日(日) 21時10分配信

目元プロデューサー・垣内綾子さん

まつ毛エクステサロンを8店舗経営し、確かな技術と豊富な知識で1万人以上の女性の目元を美しくしてきた目元プロデューサー・垣内綾子さん。今回は、たるみやむくみなど、疲れが出やすい目元をケアするオリジナルマッサージを伝授します!

今やスマホやパソコンは日常生活に欠かせないアイテム。毎日、長時間使用し「疲れ目」に悩んでいる方も多いと思います。「疲れ目」は、頭痛や肩・首のコリにも繋がりますし、目の周りの血行が悪くなることで、たるみ・むくみ・クマ・シワの原因にもなります。応急措置としてメイクでカバーしたくなりますが、結果、より悪目立ちさせてしまうことも。こんな時はメイクで隠すのではなく、マッサージでスッキリした目元を取り戻しましょう。


ではさっそく、疲れ目を引き起こすコリを確実に潰すマッサージをご紹介します。
【垣内式コリ潰しマッサージ】

イタ気持ちいい程度の強さがポイントです。

【垣内式コリ潰しマッサージ】

1:上に向かって流しながら眉尻までしっかりと
まず、マッサージクリームなどをたっぷりと塗りましょう。スタートは眉頭の眉骨の下のくぼみから。ここに、親指の第一関節をしっかりと当て、ぐっと押したら、そのまま斜め上方向に、眼輪筋に乗った眉毛の流れに沿って、ぐっぐっと流すようにコリを潰します。けっこう痛いと感じられるかもしれませんが、しっかりと潰して流しましょう。

頭痛や疲れ目にとてもよく効きます。

2:目尻〜こめかみを、上下にグリグリ
眉尻まで来たら、目尻からこめかみを上下にグリグリ。その際、こめかみの下の少しくぼんだ部分にある「太陽」と呼ばれるツボを集中的に刺激しましょう。

マッサージには手の親指を曲げ、固く出っ張った第一関節を使います(両目とも利き手でOKです)。

3:目尻〜目頭を、押しながら流していく
そのままアイホールの下のふちに沿って、ゆっくりと目頭までぐっぐっと親指でコリを潰していきます。目頭まで来たらフィニッシュ。

目元のマッサージを指の腹で行う人が多いのですが、指の腹のような柔らかい部位では血行やリンパの流れを促す程度のため、コリはしつこく残ってしまいます。眼精疲労は、特に「トリガーポイント」という筋肉にできたコリコリした固い部分が原因と言われており、いくらマッサージをしてもそのコリが残ってしまうと、またすぐに血行が滞ってしまいます。コリをほぐすには、そのコリコリした部分へ、ピンポイントで親指の第一関節を当て、ぐりぐりと潰すように行います。

時間がない時や「今すぐ目元のたるみをとりたい」というときは、これを一周するだけでも疲れが解消し、目元がシュッとします。コリを完全に撃退したい時は、何周かやってみてください! 疲れを感じた時に、このマッサージをパパッとすると簡単に目元のリフレッシュができますし、「今すぐむくみを取りたい!」という時のレスキューとしても即効性があります。本当に簡単で効果的なので、ぜひ、日常生活に取り入れてください。

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

ミモレ
成熟に向かう大人の女性へ
  • 成熟に向かう大人の女性へ
  • ベビモフ
  • ワーママ
  • Aiプレミアムクラブ会員募集中!

このページのTOPへ戻る