• > いつでもいい香りの部屋に! 本当に買って良かったルームフレグランス5選 [VOCE]

いつでもいい香りの部屋に! 本当に買って良かったルームフレグランス5選 [VOCE]

2018年11月09日(金) 11時50分配信

講談社VOCE

疲れて帰ってきた日、リラックスして過ごしたい日、自分の部屋がいい香りで満たされていたら最高じゃないですか? 癒されるし、心に余裕が生まれる気も。ラグジュアリーすぎずチープすぎず、使えば家で過ごすのが楽しくなる、そんなアイテムをまとめました。
玄関はその部屋の顔 リッチな香りを楽しんで

講談社VOCE

玄関はその部屋の顔 リッチな香りを楽しんで

どの家にもその家特有の匂いがありますが、玄関に足を踏み入れた瞬間によい香りを感じると、そのインパクトで“すごく素敵な家”という印象が残るもの。玄関は「その家の顔」。高級感のある香りを取り入れましょう。「ディプティック 香りのオーバル」は、ディプティックらしいオーバル型の専用ケースに、香りのワックスがセットされたアイテム。玄関のような狭いスペースでも香りとおしゃれなデザインを楽しむことができます。「玄関にはゴチャゴチャものを置きたくない」という人も納得の外見。

「BAIES」は、英国庭園をイメージしたカシスの葉とローズの香り。キャンドルやルームスプレーも同じ香りがそろいます。人気の「ロンブルダンロー」の香りとも近く、香水と合わせて愛用する人も。他に「ローズ」や、イチジクの香り「フィギエ」もあるので、季節ごとに香りを変えるのもよいでしょう。家に帰るのが楽しみになります。
甘くないのが癒される! リビング・寝室にはさわやかな香りを

講談社VOCE

甘くないのが癒される! リビング・寝室にはさわやかな香りを

リラックスしたい、一日の疲れを癒したい。リビングや寝室にも、香りがあると嬉しいですよね。とはいえ、甘さの強いフローラルの香りは、食事や飲み物の香りとバッティングしたり、重く感じることも。シトラスやウッディ系で癒しの空間を演出しましょう。「グランセンス リードディフューザー シチリアンブルー」は、レモンやライムのシトラスノートに、スパイス、シダーウッド、ミントを加えたさわやかな香り。リビングにこの香りがあると、暑い日の体感温度も下がるようなすがすがしさです。グランセンスは、ディフューザー以外にもファブリックミストなどもそろっており、ラインで香りを楽しめます。お手頃価格のイメージを裏切るビジュアルと高級感のある香りは、プレゼントとしても喜ばれますよ。

講談社VOCE

ベッドルームに取り入れたいのは、「イソップ オロウス アロマティック ルームスプレー 」。グレープフルーツ、ベルガモット、ジャスミンがカルダモン、ガルバナム、シダーの香りです。シトラスよりはグリーンを強く感じ、まるで森の中にいるよう。

講談社VOCE

同じくイソップの「レバレンス ハンドクリーム」と一緒に寝る前に使っていますが、心が落ちつき、安眠効果も。香水やシャンプーは甘い香りが好きな男性もルームフレグランスはハーバルな香りに癒されるという意見も。おうちデートで、彼にリラックスしてほしい時にもオススメです。
布関係を攻めると 「この部屋、いい香りがする」と言われます

講談社VOCE

布関係を攻めると 「この部屋、いい香りがする」と言われます

冒頭で「その家の匂い」と書きましたが、壁紙やカーテンが発生源の場合も。ビニールの壁紙なら、たまに拭き掃除をするだけでも違いますし、カーテン、ラグ、ソファカバーなど、「大モノの布関係」に香りを仕込むと、部屋全体がふんわりいい香りに包まれます。この方法は、ディフューザーやキャンドルが倒れる心配もないので、ペットのいる家にも安心です。「ディプティック オードトワレ オープリュリエール」は、肌はもちろん、カーテンやシーツ、服にも使えるマルチミスト。コロンやトワレとして考えると香りのもちは短めですが、布製品に使うと、ターキッシュローズとアイビーから、ムスクの香りにシフトしていく石けんのような清潔感を持つ香りを長く楽しむことができます。

講談社VOCE

「惜しげなく使いたいからお手頃なものがいい!」という人には、「リセッシュ除菌EX プレジャーブーケ 朝露にぬれるガーデンローズの香り」がオススメ。ドラッグストアで買えるとは思えないような、生花の香りが楽しめるファブリックミストです。ホームパーティのあとの、食べ物やお酒の匂いが残る部屋も、カーテンにこれをスプレーすれば一気にリフレッシュ。香りが強すぎないので、枕カバーやシーツに使っても、ふんわり程よい香りを楽しむことができます。女子っぽい気分に浸って寝たい! そんな日に。もちろん服にも使えます。

香水やボディクリームで香りを楽しむのもよいですが、「自分の暮らす空間がいい香り」というのは、予想以上の癒し効果が。気分やシーンによって使い分けられるよう、お気に入りの香りを探してみては?

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

このページのTOPへ戻る