• > 宮本佳実 「#年収1000万ガール」になるまで 『誰でも“好き”を仕事にできる』 [with]

宮本佳実 「#年収1000万ガール」になるまで 『誰でも“好き”を仕事にできる』 [with]

2018年11月02日(金) 10時50分配信

“好き”を仕事にできる人

講談社with

“好き”を仕事にできる人

ワークライフスタイリスト®の宮本佳実です。
今回は私が「これをみなさんに伝えたくてこの仕事を始めた!」と言っても過言ではない、『自分の“好き”を仕事にする方法』についてお話ししたいと思います。

私も前までは、自分の“好き”を仕事にできる人、好きなことだけをして生きていける人は、ごく限られた幸運の持ち主だけだと思っていました。サッカー選手、画家、歌手、俳優など、自分の“好き”を仕事にできる人は生まれつき特別な才能のある人だけが得られる特権で、キャリアも学歴もない私には無理なことだと決めつけていました。

でも、今は誰もが「“好き”を仕事にできる」と断言することができます。そして、無理や我慢をせず、自分の“好き”だけで自分の人生をデザインしていくこともできます!

AIの進化、副業解禁、働き方の変化が始まった!

現在、大企業でも、就業時間や勤務場所を固定されるのではなく、自由に働ける制度が導入され始めています。AIの進化により、今までやっていた機械的な作業は効率化され、会社の正社員だとしても副業を認めている企業も年々増え始め、数年後にはスタンダードなものになるでしょう。

それはどういうことかわかりますか?

自分の“好き”や“やりたいこと”を明確にして、それを仕事にすると決めたら、働き方は自分の「ライフスタイル」や「好きなこと」に合わせて選んで行くことができるのです。「楽しく自由」なことはもちろん、“好き”を仕事にしてお金を好きなだけ稼ぐことがより実現しやすくなったとも言えるでしょう。

何も起業だけがすべてではありません。会社員や派遣社員をやりながら「副業で起業」なんていう両方のいいとこ取りなんてスタイルだって可能です。いま自分の仕事や生き方に悩んでいる人がいるのなら、軽やかに次のステージに続くチャンスがさらに増える時代に突入しているのです。

“好き”を仕事にするということ

私も高校を卒業してからは、20代半ばまでOLをしていました。特にキャリアがある訳でもなく、良い業績を残したいとか、同期で一番になりたいなんていう野心もなく、何の評価も受けることはありませんでした。会社の中では、すごい評価を受けなかった私でも、いま自分で仕事をはじめて、とても楽しく働いています。仕事が大好き♡と心の底からウソ偽りなく自信を持って言うことができます。会社員時代と今の違い、それは『自分の“好き”を仕事にした』からです。

洋服が大好きだった私は、オシャレをすることが生きがいといっても過言ではありませんでした。なので、28歳で起業したときは一番好きな「洋服を選ぶ事」を仕事にしました。オシャレが苦手な人にファッションのコーディネートをアドバイスして、一緒にお買い物に同行するというものでした。

自分の好きなことを仕事にするメリットは、なんといっても“楽しい”ということ。
「どうやったらこの方はもっとステキに見えるんだろう?」「どんなサービスがあったらもっとオシャレを楽しんでもらえるんだろう」そんなことをワクワクしながら考えていると、どんどんアイディアが浮かんでくるんです。これって「仕事を苦労してする」「頑張って働く」というより、「夢中になっている」という感覚が一番近いんです。そして、自分の“好き”を仕事にしたことでの大きな発見は、私のことを必要としてくれる人がたくさん増えたこと! 会社員時代は「自分が必要とされている」なんて、感じた事がなかったのに!

自分の「好き」が誰かを幸せに♡

自分の“好き”が仕事になり、そして、誰かを幸せにすることができる。そして、誰かを幸せにしたことで『お金』をいただける。こんなに嬉しいことはありませんでした。みなさんもよく周囲を見渡してみてください。仕事が好きと言う人、仕事楽しんでいる人は、みんなこの法則を使っているのです。

文章を書くことが好きな人は「作家」になり、文章を書くことで誰かを幸せにしている。
洋服のデザインが好きな人は「デザイナー」になり、洋服をデザインすることで誰かを幸せにしている。

自分の“好き”を仕事にすると、それが誰かの“幸せ”になり、そしてその対価が“お金”として自分に戻ってくる。そのお金はあなたの“幸せ”と交換できるチケットとして、結局は自分にも“幸せ”が返ってくる。
目指すべきは、このサイクル。これこそが、理想の人生を送るための法則なのです。

今の時代、あなたは何を仕事にしますか?

私が講師をしているセミナーでは、受講生の方から
「好きなことを仕事にする自信がありません」「何を仕事にしたらいいですか?」という質問をたくさん受けます。
そんな時私は「あなたの、なぜかできちゃう」ということは何ですか? とお聞きしています。それは私にとっては「洋服を選ぶこと」でした。

・人から恋の悩み相談をいつも受ける
・昔から料理がうまく作れる
・数学は勉強するのが楽しくてテストの点数も良かった
・小さい頃から手先が器用だった
・部屋を片付けることが大好き
・歴史上の人物は、なぜかフルネームで言える

こんな感じでいいんです。努力なく何気なくできること、人よりもなぜかうまくできること、これは自分では自覚がないのかもしれませんが才能なんです。人よりも秀でている自分の部分をじっくり観察して敏感になってあげてください。
「なぜかうまくできる!」「スルスル簡単にこなせる!」「小さい頃から得意だった」自分の“できる”ことを拾い集めていくことが、“好き”を仕事に変える最大のヒントなのです。

自分の人生、何かをお金に変えられる

自分の今までの人生を遡って自分の得意なことを思い出してみると、『お金に変えることのできる才能』が必ずあるのです。
私のセミナーに参加した受講生は、そうやって自分の“才能”をお金に変えている人がたくさんいます。

・学生時代いつも学級委員だったことを思い出し、今では会社の重役をターゲットでリーダー論をレクチャーする会社を起業
・作文でいつも賞を取っていたという人は、副業でSNSを使い文章を書く講師に
・動物のお世話が大好きった人は、犬のマナー教室をスタートさせる
こんな感じで得意なことを仕事に変えることに成功しています。

世の中には“普通”の人なんていない!

「私は普通の家で育って、学生時代も普通だったし……」
好きなことを仕事にするなんて自分には無理です。と、おっしゃる方もたくさんいますが、みなさん自分のことを“普通”と思っているけど、全然“普通”じゃありませんよ(笑)。まず、あなたという人はこの世に「あなた、ただ一人」なのだから“普通”なはずないのです。たった一人、唯一無二……“普通” どころか、“特別”なのです。

・安定の公務員の仕事を辞めて新しい仕事をはじめたという人は……その経験を生かして転職コンサルタントに。
・5kgのダイエットに成功したという人は……そのSNSでダイエット方法を発信し、そのダイエット塾の先生に。
・メガネだったのに、コンタクトに変えたら彼氏ができたという人は……外見を整えモテるテクニックを教える講師に。
今あげたものは全て、特別なことではありませんよね。そのぐらい自分の才能をお金に変えることは簡単なんです!

才能をお金に変えると聞くと、一部の人だけに許されたことのように感じると思いますが、いま才能を生かして第一線で活躍している人たちも、みんなはじめは自分の「なぜかできちゃう」に気付くことができたからこそ。

「私が才能を生かすなんて無理です~」なんて言って、そのハードルを上げているのは自分自身だということに、ぜひ早く気付いていただきたいのです。
石橋を叩いて慎重に渡るのではなく、ルルル~♪と軽やかにチャレンジしてみた人から、なりたい人生に近づけるのかもしれません。これからもどんどん「好きなことをして自由に生きる」ためのテクニックをシェアしていきますね。目指せ!年収1000万円ガール♡

宮本佳実

【宮本佳実】ワークライフスタイリスト 1981年生まれ、愛知県出身。高校卒業後、アパレル販売員、一般企業で人事・受付、司会者を経験。28歳で起業を決心し、パーソナルスタイリストになる。 名古屋で主宰する「女性のためのスタイリングサロン ビューテリア」は全国から顧客が来店するサロンに成長。その経験から「好きなこと起業」の楽しさを多くの人に伝えたいとコンサルティング活動を開始。現在はサロンを組織化し、自身はワークライフスタイリストとして「可愛いままで起業できる!」をコンセプトに活動。女性らしく自分らしく、幸せと豊かさを手に入れられる生き方やマインドを発信。セミナーは一日で400人が参加するなど大盛況。

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

VOCEアプリ
成熟に向かう大人の女性へ
  • 成熟に向かう大人の女性へ
  • ベビモフ
  • ワーママ
  • Aiプレミアムクラブ会員募集中!

このページのTOPへ戻る