• > 婚活アドバイザー、植草美幸「マリーミー鉄の掟″婚活ファッション5カ条”」とは!? [with]

婚活アドバイザー、植草美幸「マリーミー鉄の掟″婚活ファッション5カ条”」とは!? [with]

2018年10月12日(金) 10時50分配信

婚活ファッションに流行は必要なし! コンサバ服こそ〝戦略〟です  

講談社with

婚活ファッションに流行は必要なし! コンサバ服こそ〝戦略〟です  


こんにちは、結婚相談所マリーミー代表で婚活アドバイザーの植草美幸です。

今回は、私が婚活アドバイザーをしてきた中でも特に印象に残っているマッチングケースをご紹介します。
アラサー世代よりもちょっと年上の女性ですが、ファッションを劇的に変え、心構えまで変えて成婚に至った成功体験は学べることも多いのでぜひ参考にしてくださいね。

婚活は、「また会いたい」と思わせるのが第一関門。だからこそ、第一印象を左右するファッションやメイクが重要となることは、『本気の婚活、結婚相談所ってどんなところ?』でもお話した通り。おさらいすると・・・



マリーミー婚活ファッション五カ条




・セミロングの巻き髪ヘア&つけまつげでパッチリアイメイク
・優し気な雰囲気のシフォン系ブラウス×ひざ丈スカート
・ベルトでウエストマークをしてボディラインを演出
・足元は細ヒールの美脚パンプス
・揺れるピアスで印象度アップ。ただし、大きすぎはNG

そう、婚活メイク&ファッションは、流行よりもコンサバティブが基本です!

CASE 女性41歳・医者♡男性35歳・国家公務員


バリバリ働いてきた女性も、ふと自分の人生を振り返ったとき、結婚したくなることがあります。それは人によりけりで、29歳だったり、35歳だったり……。この女性は40歳のときにマリーミーに入会されました。

出会ったばかりの彼女は、モンチッチみたいなベリーショートヘア。同性からはお洒落に見られることはあっても、男性ウケはほぼゼロ。まずは、髪を伸ばすことからアドバイスを始めました。

お相手に求める条件は、自分よりも年上で、年収も上とのこと。この女性はお医者さまなので年収も高く、それ以上の年収の男性となると彼女よりもずっと年下の女性を希望することがほとんど。女性の希望を叶えることが難しいことは明白でした。

誰もが通る高望み時期が過ぎ、7~8人とお見合いをしてもいいお返事がもらえず、彼女も何となく現状がわかってきた頃、同時期に参加していた婚活パーティーで衝撃の一言が。

「お母さんみたいですね」

・・・しかも、年上の男性に言われたそう。
でも、その一言がこの女性を奮起させるきっかけに。ショッピングにも同行してファッションを改め、メイクレッスンにも通い、みるみるうちに若さを取り戻していきました。

お相手に求める条件も見直し、年下OK、年収も下でもOKということにしてマッチングが成立したのは、34歳の自衛官の男性。



男性は自分のためにおしゃれをしてくれている気持ちがうれしいのです。だから、流行よりも女性らしい装いを好みます。大半の男性はおしゃれがわからないから、わかりやすくが基本!

この男性は、女性の生き方を尊敬し、サポートすることを約束。女性はハードワーク、男性も出張が多いことで、遠距離婚を選択し、自分たちが心地よい結婚の形を実現しています。もし、あのまま自分よりも年齢が上、年収も上の人を求めて成婚まで至ったとしても、今の遠距離婚は成立しなかったでしょうね。

あなたは心まで男になっていませんか

バリバリ働いている女性はもちろん、結婚後も共働きを希望する女性は、年収にあまりこだわらずにお相手を探すことができるので選択の幅が広がります。そして、男性側も共働きを希望する方が増える傾向にあります。

そこで、働く女性に注意したいことがひとつ。それは、男性と肩を並べて仕事をすることで、心まで男になってしまっている女性が多いということ!

婚活期間中だけでも、10代、20代前半の生活の大半を恋愛が占めていた頃のようなピュアな気持ちを取り戻すように心掛けてみてください。きっと男性があなたを見る目が変わってくるはず。婚活では男性と対等にはならないことを忘れないでくださいね。

*個人情報保護のため、一部アレンジしています。

【植草美幸】

婚活アドバイザー/結婚相談所マリーミー代表、株式会社エムエスピー代表取締役。アパレル業界に特化した人材派遣会社エムエスピーを設立し、そこで培ったマッチング能力・人材発掘能力を生かし、結婚相談所マリーミーを設立。

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

ミモレ
成熟に向かう大人の女性へ
  • 成熟に向かう大人の女性へ
  • ベビモフ
  • ワーママ
  • Aiプレミアムクラブ会員募集中!

このページのTOPへ戻る