• > 【目幅拡大】「一重に見えがち」な奥二重をいかして華やかな目元をGET! [VOCE]

【目幅拡大】「一重に見えがち」な奥二重をいかして華やかな目元をGET! [VOCE]

2018年10月11日(木) 20時10分配信

撮影/岩谷優一(vale.)

アイメイク次第で、顔の印象はガラリと変わる。さらに、自分の目のタイプをいかして似合わせるテクを取り入れれば、自分史上最高キレイも夢じゃない! そこで、目のタイプ別に「華やかアイ」をつくるコツを人気ヘアメイクのGeorge先生が指南。
『横幅広め』奥二重さん

撮影/岩谷優一(vale.)

『横幅広め』奥二重さん

【すっぴんアイ】

◆特徴◆
・二重幅が狭く、一重に見えがち
・タテ幅狭めで、横幅は広め

◆攻略法◆
■シャドウとラインで切れ長アピール
■ブルー系でクールな色気を
■下まぶたでちょこっと目幅を拡大
HOW TO MAKE-UP

撮影/岩谷優一(vale.)

HOW TO MAKE-UP

(1)パープルを上まぶた全体に広げる
Aをまぶたの中央のキワに指でポンとのせたらそこを起点に上まぶた全体に色を広げる。じわっとパープルを感じられるくらいの濃さで。

使用アイテム
A.強い輝きのメタリックパープル

スパークリングジェム 12
ひと塗りでゴージャスに輝く多色パール入り。赤みを持つパープルで、まぶたへのなじみも抜群。

撮影/岩谷優一(vale.)

(2)ハネ上げネイビーライン
★ここで華やぎ増し!
Bで上まぶた全体のインサイドを埋めてから、まぶた中央からだんだん太くなるようにさらにラインを重ねる。目尻は軽くハネ上げて。

使用アイテム
B.凛とした魅力を放つネイビー

スティロオンブル コントゥール 14(限定発売)
クリーミィなテクスチャーだからアイライナーにもシャドウにも使えるスティックタイプ。目元の温度を下げる、クールなネイビー。

撮影/岩谷優一(vale.)

(3)下まぶた全体にシャドウをオン
下まぶたの目尻から目頭に向かって、ライン状にAをオン。目尻が一番濃く、太くなるように入れることで、目幅を少しだけ広げて見せて。
【完成!】ブルーのハネ上げラインで媚びない色気を感じさせて

撮影/岩谷優一(vale.)

【完成!】ブルーのハネ上げラインで媚びない色気を感じさせて

華やかアイになれた!
メタリックなシャドウやカラーのアイライン。そんな難易度高めのアイテムでもサラリとこなせるのが、このタイプの魅力。今回は目尻にカラーを効かせることで、あえて横幅を強調して美人度を上げよう。

【教えてくれたのは】

ヘアメイクアップアーティスト
Georgeさん

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

このページのTOPへ戻る