• > クールで妖しいディズニーヴィランズが集結する「ザ・ヴィランズ・ワールド」 [FRaU]

クールで妖しいディズニーヴィランズが集結する「ザ・ヴィランズ・ワールド」 [FRaU]

2018年10月10日(水) 16時40分配信

東京ディズニーシー®で開催中のディズニー・ハロウィーン。その目玉と言えば、やはり今年で4年目の開催となる人気のハーバーショー「ザ・ヴィランズ・ワールド」。

今回は、ショーに登場するディズニーヴィランズの魅力をご紹介します。
マレフィセント

マレフィセント

マレフィセント

ディズニー映画『眠れる森の美女』に登場し、オーロラ姫に呪いをかける強大な魔力を持った魔女。オーロラ姫を助けに来たフィリップ王子と戦うシーンでは、火をはく巨大なドラゴンに変身します。

マレフィセントをイメージした魔女の仮装をしたクラリス。

「ザ・ヴィランズ・ワールド」では、ハロウィーン・パーティーの主催者となり、ミッキーマウスやディズニーの仲間たちを招待しています。
ウィックド・クイーン

ウィックド・クイーン

ウィックド・クイーン

ディズニー映画『白雪姫』に登場する女王。「鏡よ、鏡、この世で一番美しいのは誰?」と魔法の鏡に問いかけるシーンや、醜い老婆に変身し、毒りんごを作るシーンはあまりにも有名。

ウィックド・クイーンの家臣たち。

「ザ・ヴィランズ・ワールド」では、“美しさ” をアピールし、ミニーマウスや家臣とともに美しいポーズを次々と披露。
キャプテン・フック

キャプテン・フック

キャプテン・フック

ディズニー映画『ピーター・パン』に登場する、ネバーランドにいる海賊の船長。傍らにいるのは、腹心のミスター・スミー。

キャプテン・フックの海賊たち。

「ザ・ヴィランズ・ワールド」では、“気品” をアピール。海賊らしい勇壮さとエレガントさが融合した音楽にのせて、ウィックド・クイーンの家臣をエスコートして、優雅な社交ダンスを繰り広げます。
ハデス

ハデス

ハデス

ディズニー映画『ヘラクレス』に登場する冥界(死者の国)を支配する冷徹な王。

大笑いしながらの愉快なダンス。

「ザ・ヴィランズ・ワールド」でアピールするのは、“ユーモア”。手下のペイン&パニックとの掛け合いが見どころ。美と気品をまとったウィックド・クイーンの家臣やキャプテン・フックの海賊たちも愉快なダンスに加わります。
ジャファー

ジャファー

ジャファー

ディズニー映画『アラジン』に登場し、王位を狙う邪悪な大臣。

ジャファーを思わせる魔術師の仮装をしたグーフィー。

「ザ・ヴィランズ・ワールド」では、とっておきの魔法を披露し、火山を噴火させます。
アースラ

アースラ

アースラ

ディズニー映画『リトル・マーメイド』に登場する海の魔女。昔、海の王国から自分を追放したトリトン王を恨み、その復讐のため、トリトン王に代わって海の支配者になろうと企てています。

海の歌姫の仮装をしたデイジーダック。

「ザ・ヴィランズ・ワールド」では、妖艶で力強い歌声を披露。ショボン玉が舞う中、手下のタコたちのコーラスも加わり、幻想的な雰囲気に。
アクロバティックで華やかなフィナーレ

アクロバティックで華やかなフィナーレ

アクロバティックで華やかなフィナーレ

パイロや水柱が上がったり、火山が噴火したり……。ヴィランズの魅力が集結するフィナーレの締めくくりには、アクアボードによる演出でイバラが水上に立ち上がります。生きているかのように動くイバラや、ミッキー&ミニーの2ショットは必見です。

怪しくも美しいヴィランズの魅力にハマること間違いなし!

恐ろしい存在でありながらも、多くの人を惹きつけてやまないディズニーヴィランズ。その魅力的な世界をたっぷり見せてくれる「ザ・ヴィランズ・ワールド」、必見です。

Photo:Young Ju Kim Composition:Aiko Hayashi

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

ミモレ
成熟に向かう大人の女性へ
  • 成熟に向かう大人の女性へ
  • ベビモフ
  • ワーママ
  • Aiプレミアムクラブ会員募集中!

このページのTOPへ戻る