• > 簡単&プロ仕様!美肌ゾーンの“二盛り”テクで、あっという間に透明美肌!ベースメイク [VOCE]

簡単&プロ仕様!美肌ゾーンの“二盛り”テクで、あっという間に透明美肌!ベースメイク [VOCE]

2018年10月05日(金) 20時10分配信

講談社VOCE

「透明感」よく使われる言葉なのに、その正体は意外と知らないもの。美容のプロが、さまざまな角度から分析。今日から「透明感のある人」になるために、使えるワザやテクニックを一挙大公開!

教えてくれたのは……

ヘア&メイクアップ アーティスト 長井かおりさん
誰でもキレイになれるメイク術の達人。ベースメイクにまつわるギモンをズバッと解決してくれた。

美容ライター 楢崎裕美さん
取材を通して、ジャンルを問わず最新美容情報に精通。お悩みに合わせてコスメ選びをアドバイス。
Q.いつものファンデで透明感を最大限に出す塗り方を教えて

「透明感=薄いベースメイク、と思っている人も多いようですが、ここはしっかり塗った方が自然な美肌印象に」(長井かおりさん)

Q.いつものファンデで透明感を最大限に出す塗り方を教えて

A.エリアを絞った“二盛り”とブラシの使い分けがオススメ!

「どんなファンデーションでも使えるのが、人の目を引きつける美肌ゾーンに2回重ね塗りをする“二盛り”テク。全体に軽く塗ってから、部分的にもう一度重ねて塗るだけで、ごく自然なレフ板効果が手に入ります。また、パウダリーのブラシづけもオススメ。面のあるブラシはマルチに使え、毛足の長いブラシはふわっとづけ、先が丸いブラシは細かいところのちょこちょこレタッチに。使い分けると美しさが格段にアップします」(長井かおりさん)
Q.透明感が出るファンデと出ないファンデ、何が違うの?

「親指と人差し指でパウダーを少量つまんですり合わせたとき、最初はしっとりしていて潰すとツヤが出るものがベスト。ムラづきを避け、肌より少し暗い色を選ぶことも大切」(長井かおりさん)

Q.透明感が出るファンデと出ないファンデ、何が違うの?

A.重ねづけできるかどうか。クッションという選択も

「パウダリーファンデーションの場合、キシキシとした片栗粉のようなものはNG。重ねづけがしづらくカバー力が出ないので、部分によって厚さを変えられず、透明感ある仕上がりになりません。薄づきなのに重ねると厚みが出て、お悩みをしっかり隠せるのが、よいファンデーション」(長井かおりさん)

「うるおいとツヤがあると面で光を放つので、美容成分たっぷりのハイエンドなクッションファンデは狙い目。カバー力もあり、夕方のくすみ対策にも」(楢崎裕美さん)
Q.「元から明るい白肌」に見せる下地の使い方って?

「下地で重要なのはフィット感。脇役に徹してくれる“寄り添い系”の薄膜タイプを選ぶと、キレイなベースメイクが実現」(長井かおりさん)

Q.「元から明るい白肌」に見せる下地の使い方って?

A.なめらかな質感の下地を丁寧に塗って“均一肌”に

「まず、“白肌神話”は忘れましょう。透明感は色の白さではなく、均一であることから生まれるもの。下地はムラづきしないなめらかなテクスチャーのものを選んで。滑りが悪い、モロモロするなど、個性的な下地は上級者向け」(長井かおりさん)

「トーンアップ系の下地を上手に使うのも手。とはいえ最近のファンデは薄づきなので、あまり下地の色が強いと浮いてしまいがち。色はニュアンス程度で、みずみずしいものでさりげなく補整を」(楢崎裕美さん)

 

撮影/向山裕信(vale.)

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

VOCEアプリ
成熟に向かう大人の女性へ
  • 成熟に向かう大人の女性へ
  • ベビモフ
  • ワーママ
  • Aiプレミアムクラブ会員募集中!

このページのTOPへ戻る