• > 【永久保存版!】長井かおり流・正解眉のつくり方を徹底解説! [VOCE]

【永久保存版!】長井かおり流・正解眉のつくり方を徹底解説! [VOCE]

2018年09月14日(金) 21時10分配信

完成メイク

メイクは得意、という人でも「眉は上手く描けなくて……」という人は多い。悩めるメイク子羊ちゃんを救うのは、ひと捻りアリのテクならお任せ!の長井かおりさん。積年の眉悩みに終止符を打ってくれます!

教えてくれたのは……

ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん
雑誌、広告など幅広いジャンルで女優やモデルのヘアメイクを手がける。新刊『テクニックさえ身につければ、「キレイ」はもっと引き出せる』が発売中。

私のメイクトレーニングでは、学んだテクニックをご自身で再現してもらいますが、眉が上手くいかない方が続出。それだけ眉には“個性がある”ということです。しかし、そこにはやはり“正解”があるんです。正解眉を覚えれば、顔立ち印象がグッと変わります!
正解眉をつくるにはルールに従うだけ!

4つのルールで美眉に。

正解眉をつくるにはルールに従うだけ!

「正解眉のルールはとてもシンプル。この図にあるように、たった4つの黄金バランスルールに従うだけで叶います。あとは、的確なアイテムを使って、描く順番を守れば正解眉は簡単に仕上がるはず。片方ずつ描くのはNGです。必ず、顔全体が入るくらいの距離に鏡を置き、左右を同時進行させること。ぜひ一度、下のステップで描いてみてください! (長井さん)」

Rule 1:眉山の位置は、黒目の 外側と目尻の間で決める
眉山は印象操作にも一役買うので、黒目の外側⇔目尻の間に収まっていれば、問題ナシ!

Rule 2:眉山は30°でカーブさせる
誰にでも似合う、ナチュラルな眉山の角度は 30°。これより鋭角でも鈍角でもNGです!

Rule 3:頭と眉尻の 下のラインは 同一線上に
眉頭よりも眉尻が下がる人が多いので、注意。 下のラインを揃えることで長さも決まります。

Rule 4:頭は目頭と 鼻根の間に収める
眉頭も収めるべき位置が決まっています。この範囲内なら、好みでどこに設定してもOK。

使用アイテム

(右)ノーズシャドウも入れやすい。
ケイト デザイニングアイブロウ3D EX-5
(左)長井さんの溺愛アイブロウペンシル。
アイブロウ スリム GY15
<HOW TO MAKE UP>

1:地眉をとかしてから描くこと!

スクリューブラシは30°に折ってから使用。眉の間に残ったファンデをそぎ落として。

2:30°折りしたブラシで眉山の角度を測る!

眉をとかしながら眉山の角度を決めて。30°折りにしたブラシを当てて、角度の目安に。

3:眉山→眉尻を最初に描くのが掟

2で決めた角度に従って、眉山からケイトのアイブロウ上段2色で描く。左右同時進行しながら、眉尻まで。

4:ブラシを寝かせて、眉山⇒眉頭をもやっと描く

きっちりよりはもやっとした優しい眉に。ブラシを寝かせぎみにするとふんわり描ける。

5:このひと手間で彫り深印象が決定

眉頭のパウダーを借りてそのままノーズまで持っていく。鼻根の両端は、指でペペペとして彫り感をつくる。

6:極細芯のペンシルで微調整!

パウダーで描いた眉の中で、埋め切れてないところを描き足す。下側を中心に整えて。

 

撮影/向山裕信(vale.)

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

このページのTOPへ戻る