• > 切ない恋心を歌う【SILENT SIREN】インタビュー&バッグの中身・私服コーデ公開 [with]

切ない恋心を歌う【SILENT SIREN】インタビュー&バッグの中身・私服コーデ公開 [with]

2018年07月22日(日) 20時00分配信

撮影/金栄珠

【SILENT SIREN】が淡く切ない女子の恋心を新曲「19 summer note.」で見事に表現


ニューシングル「19 summer note.」には、19歳の淡く切ない一夏の恋を書き綴った曲と、先行配信されたミュージックビデオが話題沸騰中の「天下一品のテーマ」が収録されている。新しくリリースされる2曲の聴きどころから、アーティスト直伝の夏フェスの楽しみ方、女子が気になるファッションや美容のこと、バッグの中身など、SILENT SIRENのすべてに迫ります。

SILENT SIREN

SILENT SIRENはVo&Gt.すぅ(吉田菫)、Dr.ひなんちゅ(梅村妃奈子)、Ba.あいにゃん(山内あいな)、Key.ゆかるん(黒坂優香子)の4人からなるガールズバンド。

2012年11月、シングル「Sweet Pop!」でメジャーデビュー。通称「サイサイ」として親しまれ、原宿を中心に女子中高生の間で人気を博す。

2015年にガールズバンド史上、デビュー後最短で日本武道館ワンマンライブを開催し、2016年には横浜アリーナ単独公演も成功させる。5カ国6都市を回るワールドツアーも同年に敢行。2013年にリリースした「ビーサン」からシングルアルバムあわせオリコンウィークリーチャート10 位以内を15作連続で獲得中。

2016年年末、ユニバーサルミュージック/ EMI Recordsへの移籍を発表。同時にバンドロゴ、バンド名表記を全大文字へと一新。2017年にはデビュー5周年記念日にツアーファイナルとしてバンド初となる武道館2Days公演を成功させる。

そして2018年開催のバンド史上最多公演の全国ライブツアー「天下一品presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 〜”Girls will be Bears”TOUR〜」が3/18からスタート。デビュー6年目を迎えさらに勢いを増す唯一無二のガールズバンド。
Vo. & Gt.すぅ (吉田菫)

撮影/金栄珠

Vo. & Gt.すぅ (吉田菫)

1992年12月28日生まれ
161cm
福島県出身

同性からの支持が高く、ファッションやヘアスタイルが常に注目されている。楽曲のほとんどの作詞と一部の作曲を手掛けており、ニューシングルに収録されている「19 summer note.」も担当。 最近はあらゆるジャンルのアパレルブランドとコラボも行い、音楽以外のセンスも発揮している。
Dr. ひなんちゅ (梅村妃奈子)

撮影/金栄珠

Dr. ひなんちゅ (梅村妃奈子)

1991年3月13日生まれ
163cm
東京都出身

バンドリーダー。インドネシアで育ったため語学が堪能。動物好きで犬・猫を多頭飼いしていて、SNSにもよく登場する。美容・都市伝説なども詳しく、アーティストとは違う一面も人気。学生時代、天下一品のラーメンが好きでアルバイトをしており、その思いが通じてCM出演まで果たす。カップリング曲「天下一品のテーマ」の作詞も担当。
Ba. あいにゃん (山内あいな)

撮影/金栄珠

Ba. あいにゃん (山内あいな)

1988年7月3日生まれ
156㎝
神奈川県出身

バンドメンバーとしての活動を軸に、バンドのメインアイコンやオフィシャルグッズのイラストを手掛けるなど、マルチな才能をもつ。専門誌で講座をもつほど、演奏法も評価が高い。
Key. ゆかるん(黒坂優香子)

撮影/金栄珠

Key. ゆかるん(黒坂優香子)

1989年6月6日生まれ
151cm
埼玉県出身

学生時代に新体操をしていた経験から、ライブではキーボードの他にダンスも披露し、パフォーマーとしての一面も持つ。愛犬こころと、キャラクターのほわころちゃんが大好き。バンド以外の音楽にも造詣が深く、アイドル好きとしても知られる。

19歳は私たちのターニングポイントでした

「『19 summer note. 』は すぅが書いた曲なのですが、もうその頃にはバンドを始めていて、インディーズからメジャーへデビューしたタイミングでした。それまで見ていた景色がガラリと変わったので、衝撃を受けましたね。毎日がさらに忙しくなったのもこの頃からです」

天下一品の木村(現・会長)さんに出会ったのは数年前。まさかコラボするとは思ってもいませんでした


ガールズバンド×中華そば専門店の、思いがけないコラボに話題を呼んでいるカップリング曲「天下一品のテーマ」。

実現した経緯について、「実は、木村(現・会長)さんと知り合ったのは3,4年前。ひな(ひなんちゅ)は昔、天下一品でアルバイトをしていたことがあるくらい天下一品のファンで、好きということを公言し続けていたんです。そしたら、木村(現・社長)さんが出演している関西のラジオ番組が声を掛けてくれて。その後はライブでお祝いのお花をいただくなど、良好な関係が続いています」

ラーメンに餃子を沈めるのがひなんちゅ流

「連日のバイトで毎日のまかないに飽き、ラーメンに餃子を沈める食べ方を考案しました。半分水餃子、半分焼き餃子になるので味も変わり、1皿で2食分味わえるお得感も嬉しい。女性にオススメは『ちょこってり』というメニュー。量が少ないので、少食の方でもペロリと平らげられますよ」

お腹が許す限り、一人飯はどこまでも! 


「基本どこでも一人で大丈夫ですね。行きつけのところは尚更かな。でも二人前〜みたいな、制限のあるお店は厳しいかも。ちなみに食以外の一人行動はカラオケ、旅……大体は平気です。あ、でも一人ボーリングはさすがに寂しいな(笑)」

ファッションアイコンでもある4人のコーデ

インスタグラムでは多くのフォロワーをもち、コーディネートを投稿すれば着用アイテムが飛ぶように売れるほど、ファッション界でも人気の4人。今日も私服で登場してもらいました。
すぅ

撮影/金栄珠

すぅ

「私の足元はスニーカーかドクターマーチンが主流。 ドクターマーチンは好きすぎるが故、デザインやホール別に、豊富に持ってます」
ひなんちゅ

撮影/金栄珠

ひなんちゅ

「天下一品を意識した赤×白のスタイリング。 もともとボーイッシュな格好が多かったのですが、今は甘辛ミックスな着こなしに落ち着きました」
あいにゃん

撮影/金栄珠

あいにゃん

鮮やかなブルーのニットや、手元のアクセサリーは大好きなマルジェラ。足元にブラックを挿してコーデを締めます」
ゆかるん

撮影/金栄珠

ゆかるん

「繊細な刺繍のお花が散りばめられているセットアップは甘すぎず、大人っぽく仕上がるので今の気分にぴったり。コーディネートを決めるとき、マキシ丈はマスト!」
気になるバッグの中身も見せてもらいました

撮影/金栄珠

気になるバッグの中身も見せてもらいました

ファッションや美容の感度が高い4人は常に女性誌から引っ張りだこ。バッグの中身も細部までこだわりがあり、持ち物にも個性が溢れていました。

すぅ


①オフホワイトのバッグ

1点だけ入荷したと聞いて、即購入。色違いのピンクも可愛いので気になっています。
②ナナナナのアイフォンケース

水色が好きなのでこのカラーをチョイス。バッグの中に入っていると気分が上がるんです。
③ディオールのリップとアールエムケーのグロス

つけると唇がウルっとするリップ2種。この夏カラーメイクをするなら、黄緑色のライナーとか白まつげにチャレンジしてみたい。
④マインビーチのハンド&リップクリーム

マインビーチはリピート買いするほど好きなブランド。乾燥しやすいので、夏でも保湿アイテムは欠かせません。
⑤アームウォーマー

99%紫外線をカットするアームウォーマー。冷房の厳しい室内では防寒具として活躍してくれるので便利。
ひなんちゅ

撮影/金栄珠

ひなんちゅ

①ルイヴィトンのバッグ

最低限の荷物が入るコンパクトサイズ。小物は長く愛用したいこともあり、ブランド品が多め。
②バレンシアガの財布

使いやすくて便利な三つ折り型。ペンで落書きしたようなデザインもお気に入り。
③オリバーピープルズのサングラス

昼夜問わず使えて、使い勝手の良さがポイント。
④マックのファンデーション

鏡が大きいのが特徴。リップなどの簡単なお直しの際にも重宝します。
⑤シャネルのハンドクリーム

いただき物ですが、人気で完売していることが多いので貰ったときは嬉しかった。コロンと丸みを帯びたケースも可愛い。
あいにゃん

撮影/金栄珠

あいにゃん

①メゾン マルジェラのバッグ

容量がたっぷり入るサイズ感とクッションのような触り心地がお気に入り。
②ダヴィネスのオイル

全身に使えるマルチな存在。少量で潤うからコスパの良さも魅力!
③ルラボの香水

ボブ・マーリーの名言「love the life you live」を刻印してもらいました。オリジナリティが出て、愛着も倍増。
④ソニーのパーソナルアロマディフューザー

においがキツイと思ったときや、リフレッシュしたいときなど、ここぞとばかりに使っている愛用品。カートリッジ式で香りを気軽に変えられます。
⑤エアーポッズ

ワイヤーレスの便利なイヤホン。コンパクトが故、失くしてしまいそうなので鮮やかなケースに収納。
ゆかるん

撮影/金栄珠

ゆかるん

①シャネルのバッグ

ファーストシャネル。便利な斜めがけで、中にはパーティションがあって使いやすい。
②フルプルクリーム

全身に使える便利なクリームは、数多あるデザインからほわころちゃんをセレクト。グッズはもちろんたくさん持っていて、ステッカーはキーボードにもON。
③ドルガバの香水

購入時に店員さんがくれたアトマイザーに入れて持ち運んでいます。ボトルも可愛いので、バッグを覗くたび気分が上がります。
④クラランスのリップオイル

メイクアップはもちろん、スキンケアとしても活躍。保湿効果抜群で、乾燥を防いでくれます。
⑤ルミックスの一眼カメラ

最近購入したミラーレス一眼カメラ。コンパクトで持ち運びやすいのが嬉しい。女の子らしいカラーリングもお気に入り。

感度の高い4人が実践している美容法

忙しいバンド活動でオフが少ないながらも、決して美を欠くことのない4人。そんな日々の中でも、美を維持するための愛用アイテムや体型維持の方法を聞いてみました。

すぅ 「実は私、顎関節症なんです。それを治したくて通い始めたのがKANコルギセラピー。そこではコルギの他に、ハーブピーリングをお願いすることもあるのですが、皮がポロポロむけて、肌の赤みやニキビ跡が薄くなって本当に肌がキレイになるんですよ。ちょっとお値段が張るのでたまの贅沢に」

ひなんちゅ 「韓国が大好きでよく新大久保に行きます。実際に現地に足を運んだ際は、地元のおばちゃんに美容法をよく聞いてます。韓国人は本当に肌がキレイなので参考になるんですよね。そして韓国の美容グッズを大量に買って帰る。日本で買うよりも安いし、何より私の肌に合ってるんですよね」

あいにゃん 「自分でマッサージをすることも好きですが、痛いのが好きなのでコルギにもよく行きます。でもこの前マッサージが強すぎて、次の日顔がパンパンに腫れちゃいました(笑)。ライブや大事な撮影がある前日は気をつけなきゃダメですね」

ゆかるん 「当たり前ですが、保湿は大事なので丁寧に。ライブ前はストレッチをみんなでしていますね。柔らかくなるとパフォーマンスも上がる気がします。いきなり変わることはないので、日々努力です」
節目節目はみんなで揃ってお祝いする、仲間思いのメンバー

撮影/金栄珠

節目節目はみんなで揃ってお祝いする、仲間思いのメンバー




「常にメンバーといるので、オフの日に揃って出かけることは少ないのですが、誕生日に東京ディズニーランドやユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行ったりと、節目は大切にしています。最近は神奈川県の秦野へドライブに行きました。来る夏はフェスとツアーでライブ三昧なので、川でスイカを食べたり、夜には花火をしたり、少し早い夏を楽しめてよかったです」

「天下一品のテーマ」で盛り上がるコツは掛け声。フェス初心者は形から入ってみて





フェス出演の常連であるSILENT SIREN。夏フェスの到来に向け、「天下一品のテーマ」でファンにやってもらいたいこと、初心者向けのフェスの楽しみ方を指南してもらいました。





「声を揃えて叫んでくれたら絶対盛り上がる『らっしゃい』『天下一品』は皆に言ってほしいですね。最近は有名なアーティストさんがフェスに出演する機会が増えたから、フェスが初めての人でも足を運びやすいと思います。さらに楽しみたいなら、物販で可愛いと思ったTシャツを買うとか、形から入るといいかも。あとは、フェス飯!会場で食べるご飯は絶品なので、ぜひ味わってほしいですね」





音楽活動からテレビ出演まで、活動の幅をますます広げる4人。やりことを実現するコツとは







一つの仕事に縛られることなく、得意なことを生かして働き口を見つける時代。SILENT SIRENがバンド以外にも精力的に活動していることと、今の時代感には近いものを感じる。そこで4人に、マルチに活躍するための心得を聞いてみた。

「もしやりたいことが今の仕事の他にあるのなら、発信することが大切ですよ。今の仕事や生活に満足していないのなら、理想とする自分を思い浮かべ、それに近づくために発信していくことです。今はSNSで誰もが言葉を発することができる時代。やりたいことはまず声に出してみましょうよ!今回の『天下一品のテーマ』もひなんちゅがラブコールを送り続けた結果、叶ったお仕事なので」





女の子は欲張りなんです。だからその「欲張り」に一生懸命でありたい





読者モデルからはじまり、今やガールズバンドとして全国のフェスを駆け回り、ライブを行えば超満員のSILENT SIREN。音楽活動にとどまることなく、テレビ出演やファッションブランドとのコラボ、そして何より一人のアイコンとして世の女性に情報を発信するなど、4人の活動はとどまるところを知らない。その原動力は何なのか。





「女子は欲張りなんです。”こうなりたい”、”あれやりたい”、”これが欲しければ 、あれも欲しい!”女子は常にそう思ってます。でもそう思うのは素晴らしいことで、私たちはそれに従ってるだけなんです。”欲張り”にブレーキをかける必要はありませんから、思ったことや感じたことに素直になってください。全部欲しかったら、全部手に入れればいい。私たちは”欲張り”に一生懸命なだけなんです」




インターネットやSNS全盛のこの時代、常に誰かに監視されているようで、言いたいことは言えず、やりたいこともできない。何かを言えば批判され、見る見るうちに拡散される。 生きづらい世の中になってしまったからこそ、しかし4人のように「欲張り」に素直になることを忘れてはいけない気がした。その方がよっぽど人間らしく、よっぽど魅力的に映る。SILENT SIRENが女子の憧れの的であり続ける理由が、4人の表情からわかった気がした。







【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

VOCEアプリ
成熟に向かう大人の女性へ
  • 成熟に向かう大人の女性へ
  • ベビモフ
  • ワーママ
  • Aiプレミアムクラブ会員募集中!

このページのTOPへ戻る