• > 綾瀬はるか・美の秘密を直撃インタビュー!「目指すはエロカッコいい(笑)」 [VOCE]

綾瀬はるか・美の秘密を直撃インタビュー!「目指すはエロカッコいい(笑)」 [VOCE]

2018年01月18日(木) 19時00分配信

撮影/菊地泰久(vale.)

オトナっぽさが進化中!ますます目が離せない―。約1年ぶりに表紙を飾った綾瀬はるかさん。透明感を湛えた肌も、その愛くるしい笑顔も、いつにも増して輝くほど。でも同時に、彼女からは周りを圧倒するほどの艶っぽさが溢れ出る―。30代を生きる綾瀬さんから、その美しさの秘訣を学びたい。
お手入れにアイケアを必ず入れています。肌も継続が必要なんですよね

撮影/菊地泰久(vale.)

お手入れにアイケアを必ず入れています。肌も継続が必要なんですよね

いつ会っても常に発光するような明るさで、一点の曇りもない綾瀬さんの透明肌は、まさに“国宝”級。この美肌をキープするための秘訣はどこにあるのか?

「努力と継続が必要なのは、筋トレも肌も同じだと思うんです。最近は皮膚の薄い目のまわりが特に乾燥する感じがして……。だから普段のスキンケアにアイケアをプラスしたんです。乾いた目元を見ると、やらなきゃ!って気持ちになります(笑)。あとは時間があるときは美容ギアを加えたりすることも。少しでも肌を潤わせたいなって思うから」と綾瀬さん。

撮影/菊地泰久(vale.)

どんなに透き通るような美肌でも、今年32歳になった彼女が感じる肌悩みはVOCE読者のそれと何ら変わりはない。「実はもうひとつ始めようと思っていることがあるんですよ」と、綾瀬さんは続けた。

「最近、口をしっかり動かすトレーニングにすごく興味があるんです。『あー、えー、いー、おー、うー』みたいに大きく口を開けて発声しながら行うエクササイズ。顔の筋トレみたいな感じですかね。ほうれい線とかフェイスラインが変わるかも、という期待を込めて! どうやるのが正しいのか、きちんと調べなきゃ(笑)」

もしかして、顔がシュッとオトナっぽくなったのはそのせい?「うーん、それは年齢のせいかも? オトナになったんですかね。顔があんまり太らなくなった気が……。あ、そうでもないかな。やっぱり太ると太っちゃうか(笑)。まだまだ、これからです!」
赤リップは自分を変えるスイッチ。気分がアガります!

撮影/菊地泰久(vale.)

赤リップは自分を変えるスイッチ。気分がアガります!

「いつもはつけないから、赤リップはとても新鮮。少しエロカッコいい感じ?(笑)こういうカラーは20代よりも30代になってからのほうが、しっくりくるようになりました。自分の意識の中でも無理に背伸びをしなくても大丈夫だから」と綾瀬さん。

赤リップをつけると「パーティに行くくらい気分がアガる!」けれど、普段使いはまだできないとか。「あと数年はかかりそう。もっとオトナの女性になったときのためにとっておきます」
綾瀬はるか / Haruka Ayase
1985年3月24日生まれ、広島県出身。2001年女優デビュー後、多数のドラマや映画に出演。昨年は日本テレビ『奥様は、取り扱い注意』に主演。写真集『BREATH』(集英社)発売中。

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

ミモレ
成熟に向かう大人の女性へ
  • 成熟に向かう大人の女性へ
  • ワーママ
  • Aiプレミアムクラブ会員募集中!

このページのTOPへ戻る