• > 【中村倫也】実力派俳優が明かす仕事と結婚のハナシ [with]

【中村倫也】実力派俳優が明かす仕事と結婚のハナシ [with]

2018年07月11日(水) 18時00分配信

今話題の実力派俳優をピックアップ!【中村倫也】


TVドラマだけでなく、Huluのオリジナル連続ドラマ『ミス・シャーロック』では熱血漢の巡査部長を熱演している、俳優の中村倫也さん。売れっ子俳優として充実した日々を過ごす中村さんに、直撃インタビュー!




絶好調でいられるのは

撮影/三宅裕介

絶好調でいられるのは"アレ"を克服したから

「休日の過ごし方を聞かれると困るんですよ。僕、ワーカホリックだから(笑)」
売れっ子俳優として多忙な日々が続く状況に、充実感を得ている様子の中村倫也さん。4月に配信スタートしたHuluのオリジナル連続ドラマ『ミス・シャーロック』では熱血漢の巡査部長を熱演。半年がかりで撮影された大作ながら、「毎日が楽しかった」と振り返る。

「頭脳明晰でKYな〝奇人〞というイメージの強いシャーロック・ホームズを、竹内結子さんが見事に演じられていて。対峙する僕は毎シーンのように驚いたり、イライラしたり……。一方で、上司の警部である滝藤賢一さんも本番で急にアドリブを仕掛けてくるんですよ。非常識な先輩方に振り回されるのが楽しかったですね(笑)」

実力派キャストによる笑いを誘う掛け合いもありつつ、殺人事件の謎を追う過程では目を背けたくなるような生々しい描写も。地上波のドラマとはひと味違う重厚な世界観に仕上がっている。

「緊迫感を演出するためにライティングや音声にもこだわり抜いているし、全体的に荘厳な空気をまとっている作品だと思います。何しろシャーロックとワトソンの名コンビを女性に置き換えた作品は他にないので、みなさんも1話を見たら引き込まれるはず!」
中村さんは現在、ドラマ『崖っぷちホテル!』にも競艇好きのシェフ役で出演中。朝ドラ『半分、青い。』にも、女泣かせなイケメン役で登場するとか。冒頭で「仕事に夢中」宣言してたけど、ちょっと働きすぎでは?

「最近は『身体壊さないでね』的な温かいお言葉をいただくこともありますが、僕はいたって元気です。もともと休みが少なくてもストレスが溜まらないタイプですしね。むしろ、この春は例年に比べると絶好調でした! じつは、先進医療を行っている病院の治療で花粉症を克服しまして、これまで地獄だった春のロケが快適にこなせるようになったんですよ」

働き盛りの31歳。まだ結婚は視野に入れてないの?
「結婚願望は……なくはないです。近ごろは料理にハマっていてロールキャベツを作ったりするんですけど、一人で食べるのはちょっとさみしいし。僕は掃除も好きだし、いつでも結婚できるように〝主夫力〞は磨いていますよ(笑)」

▼中村倫也さんのプロフィール

TOMOYA NAKAMURA 1986年12月24日生まれ。東京都出身。2005年、映画『七人の弔』で俳優デビュー。以降数々の映画やドラマ、舞台に出演し、2014年の舞台「ヒストリーボーイズ」で第22回読売演劇大賞優秀男優賞受賞。今年はドラマ『ホリデイラブ』、映画『伊藤くん Ato E』などに出演。ダイワハウスのCMで扮する臆病な夫も女子に人気。

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

このページのTOPへ戻る