• > 鎖骨は出しても脚は出さない!春の花柄を大人っぽく着るための7つの方法。 [ViVi]

鎖骨は出しても脚は出さない!春の花柄を大人っぽく着るための7つの方法。 [ViVi]

2018年03月13日(火) 17時30分配信

柄アイテムを、いかに盛らずにおしゃれに着こなすかが春の大人見えキーワード。大花柄、モノトーン花柄、刺繍花柄、小花柄などなど。春も大豊作のフラワーパターン。この花柄を大人っぽく着るためには、脚はNO露出! デコルテを出して抜け感+で着て。
■ レザーで甘辛MIXにする

Photo:Kyosuke Azuma(tokyojork)

■ レザーで甘辛MIXにする

女性らしい花柄ワイドパンツには、かっちりライダースを羽織って辛さを加えてバランスアップ。
■ ロゴT合わせでカジュアルに

Photo:Kyosuke Azuma(tokyojork)

■ ロゴT合わせでカジュアルに

インパクトのあるトロピカル花柄は、カジュアルコーデにさらっと羽織るくらいがバランス◎。
■ チノパンならメンズライクなラフさがでる

Photo:Kyosuke Azuma(tokyojork)

■ チノパンならメンズライクなラフさがでる

花柄刺繡が施された個性的なデニムジャケット。春はチノパン×ヒール合わせでハンサムに着て。
■ トーンを揃えてスタイリングする

Photo:Kyosuke Azuma(tokyojork)

■ トーンを揃えてスタイリングする

花柄ビギナーでも取り入れやすいワントーンコーデ。ダークトーンでまとめると大人っぽくて落ち着いた印象になるのでおすすめ。
■ 地味色ベースの花柄を選ぶ

Photo:Kyosuke Azuma(tokyojork)

■ 地味色ベースの花柄を選ぶ

辛口派も着やすい、ベースカラーが地味な花柄アイテム。ハイウエストスキニーにインすればIラインで細見え!
■ 重ねるだけなのにデニムレイヤードなら上級感が出る

Photo:Kyosuke Azuma(tokyojork)

■ 重ねるだけなのにデニムレイヤードなら上級感が出る

ロングワンピの裾からデニムを覗かせる簡単レイヤードテクで、コーデ全体にこなれた雰囲気が出せる。
■ 春の花柄は、鎖骨は出しても脚は出さない。

Photo:Kyosuke Azuma(tokyojork)

■ 春の花柄は、鎖骨は出しても脚は出さない。

ぷりっとさせないのがポイント! 簡単なのに垢抜けて見える、"盛らない柄コーデ"をやってみて♪

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

ミモレ
成熟に向かう大人の女性へ
spooonn!

PRESENT

  • 成熟に向かう大人の女性へ
  • spooonn!
  • ai
  • ワーママ

このページのTOPへ戻る