• > 「年齢というより老化への恐怖が人をダメにする」ジャンヌ・モロー、享年89歳の美の格言 [VOCE]

「年齢というより老化への恐怖が人をダメにする」ジャンヌ・モロー、享年89歳の美の格言 [VOCE]

2017年12月29日(金) 17時30分配信

89歳で亡くなった大女優ジャンヌ・モローの美の格言 写真/AFLO

海外セレブウォッチャー・さかいもゆるが、ハリウッドの最新ゴシップをパトロール!

仏を代表する名女優の美意識がキラリ☆

『死刑台のエレベーター』や『突然炎のごとく』など、ヌーベルバーグを代表する作品でも有名なフランス女優、ジャンヌ・モローが89歳で亡くなったわね。国民から愛され、そして共演者たちも次々恋に落ちた、強烈な魅力の持ち主。自立して美しいフランス女性を体現した彼女の名言から、女としての生き方のヒントを探って。

“私が不美人だということは知ってたわ”

実はデビュー当時から不美人な女優だと評されていたジャンヌ。当時は「心が休まることがなかった」とも。でもそのコンプレックスをバネに自分らしい魅力を磨き上げ大女優に。

“年齢というより老化への恐怖が人をダメにする”

「年齢はただの数字」とも言い切ったジャンヌ。44歳のときに19歳の男性と暮らしたことも。2012年には『クロワッサンで朝食を』に出演。死ぬまで恋も仕事も楽しんだ人生。

“私はお金も知性も名声も全て持っている。だから男性は美しければいいの”

自信に満ち溢れたこの言葉に、自らを「男性的で自由」と表する、彼女の魅力が詰まっているよう。「付き合った男の共通点は私よ」とも言い、恋の相手は自分からハントした。

“恋のライバルが現れたとき、若さと美貌で勝ったと思った時点で、あなたの負け”

不美人コンプレックスを跳ね返して、「ファム・ファタール」と呼ばれる女優になったジャンヌらしい言葉。年齢と共に衰えるような魅力で男性を虜にすることなどできないのだ。

写真/AFLO

Jeanne Moreau
ジャンヌ・モロー(享年89歳)
代表作にフランソワ・トリュフォー監督の『突然炎のごとく』など。あのブリジット・バルドーとは親友で戦友の仲だったと語っていた。

 

取材・文・構成/さかいもゆる

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

このページのTOPへ戻る