• > アウトドアブランドのダウンをスタイリッシュに着こなすコツ [mi-mollet]

アウトドアブランドのダウンをスタイリッシュに着こなすコツ [mi-mollet]

2017年12月29日(金) 11時00分配信

スタイリスト福田麻琴さんの「完全防寒なのにおしゃれ」な着こなしテクニックは要注目。この秋ダウンを新調された福田さんの着こなしを披露しようと思います。ダウンは、冷たい風が吹き荒れる真冬、長時間外にいる日に、心から頼れるアイテム。でも、ともすればダウンのボリューム感ゆえ、着膨れして見えたり、カジュアルな印象になりすぎたりしてしまうのが悩みですよね。おしゃれなスタイリストさんはどんな風にダウンを着こなしているか、見てみましょう!
2年越しでやっと買えたこのダウンはメンズのXSサイズ。暑いくらい暖かい!

撮影/中田陽子(MAETTICO)

2年越しでやっと買えたこのダウンはメンズのXSサイズ。暑いくらい暖かい!

「ファッションブランドのダウンもいいのですが、やはりアウトドアブランド、ザ・ノース・フェイス! とにかく暖かい! このひと言に尽きます。アウトドアに対応できるだけあって、機能性も格段に高く、保温性をもつ素材が使われているし、防風性や耐水性も備えています。そして、この本気のスポーティ具合もトレンドにマッチしていて、今の気分にしっくりきます。このダウンは、おととしくらいからずっと欲しいと思っていたのですが、買おうと思った頃にはいつも売りきれてしまっていて…。この秋、やっと買うことができました。これは、メンズの小さいサイズです。これがあれば、ダウンの下は薄着でもOK。Vネックのカーディガン&スキニーデニムを黒でつないで、スポーティなダウンが都会的な雰囲気、かつすっきりと見えるようにコーディネートしました」(福田さん)
「襟&フードで首元から冷たい風が入ってきません」

撮影/中田陽子(MAETTICO)

「襟&フードで首元から冷たい風が入ってきません」

内襟にもしっかりと中綿が入っているので、ストールやマフラーをしなくてもポカポカ。
「細身パンツの下にも重ねばき。ソックスは防寒No.1の“ウールパワー”!」

撮影/中田陽子(MAETTICO)

「細身パンツの下にも重ねばき。ソックスは防寒No.1の“ウールパワー”!」

ソックスは、福田さんが今まではいたソックスの中でいちばん暖かいと気に入っているウールパワーのもの。
「“本気ダウン”をおしゃれに見せるにはレザーの質感が必要」

撮影/中田陽子(MAETTICO)

「“本気ダウン”をおしゃれに見せるにはレザーの質感が必要」

小物をカジュアルなバッグやスニーカーにしてしまうと、ラフな雰囲気になってしまう。
上半身はダウンで十分温かいので、下半身を重点的に対策!

撮影/中田陽子(MAETTICO)

上半身はダウンで十分温かいので、下半身を重点的に対策!

1.ダウンジャケット/ザ・ノース・フェイス 2.カーディガン/A.P.C. 3.ニットキャップ/KIJIMA TAKAYUKI 4.デニム/Acne Studios 5.ソックス/ウールパワー 6.バッグ/J&M デヴィッドソン 7.靴/FABIO RUSCONI 8.レギンス/メリヤクー 9.カットソー/スリードッツ 10.サングラス/KOMONO(すべて本人私物)
「上半身はこのダウンがあれば十分。だから、重ね着は、下半身をメインに考えます。デニムの下には、冷えとりブランド、メリヤクーのレギンスをはいて。こんなスキニーパンツの下にもインナーをはいているの? と驚かれますが、寒さを我慢するというおしゃれは今の私のライフスタイルに合わないので、とにかく工夫します(笑)。ソックスは、今いちばんのお気に入りブランド、ウールパワー。スウェーデン国軍と協力して開発されたという防寒用靴下というだけあって、保温性の高さはお墨付き。あまりに気に入って、この黒のほかに、グレー、ネイビーの3色買ってしまいました。暖かいけれど肉厚なので、ブーツやスニーカーのときと決めて活用しています。ちなみに、暖かさのためにはき始めたレギンスですが、ほかにもうれしい効果が! メリヤクーのものは内側がシルク素材で肌にやさしく、1日を終えて服を脱いだときに、乾燥して皮膚がカサカサになることがなくなりました。子供がいると、自分の保湿ボディケアをする時間がなかなか取れないので、暖かさと保湿が両方手に入るのはうれしい限りです」(福田さん)

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

このページのTOPへ戻る