• > 【『亜人』主演・佐藤健】イチオシは……綾野剛が全裸で走ってるシーン(笑) [VOCE]

【『亜人』主演・佐藤健】イチオシは……綾野剛が全裸で走ってるシーン(笑) [VOCE]

2017年12月27日(水) 20時00分配信

映画『亜人』。主演の佐藤健さんに直撃インタビュー! 映画の見どころ、好きな女性のメイク、プライベートで今ハマっていること、など聞いてみました♪
今までに観たことのないアクション映画が『亜人』ならつくれると。

撮影/岡部太郎(SIGNO)

今までに観たことのないアクション映画が『亜人』ならつくれると。

その姿は人とまったく同じだが、絶命→蘇生→完全復活と命をリセットし続ける新人類、『亜人』。自分が他とは違う“異質な存在”であることを知り、生まれる葛藤や容赦なく襲い掛かる理不尽な現実をハードタッチで描いたカリスマ的人気を誇る漫画の実写版で、主人公・永井圭を演じた佐藤健さん。初めて原作の漫画を手に取ったときに「この『亜人』という作品だからこそできる、“今まで観たことのない”アクション映画がつくれるんじゃないかと、映画化したときの“勝算”が見えた」と思ったそう。
「死なない――、それを『亜人』では“リセット”と呼ぶんですが、死なないことが前提の戦いって普通なら存在しないわけで。それを戦略に取り入れながら戦うというのは、やはり圧倒的に面白いですね」

全編にわたってアクション全開の映画。事前に体力づくりや念入りな準備は?

「難しいワイヤーアクションは練習を重ねましたけど、それ以外はアクション部と俳優が意見を出し合い、一緒につくっていく作業でした。カラダを使いながら頭も使ったほうが多かったかもしれない」と佐藤健さん。亜人にしか見えない“ある能力”が映像化されているのでCGも多用されている。「その“能力”をどう活かして戦うのか、死なない亜人同士の戦いにどう決着をつけるのかなど、本当に全員が意見を出し合いながら注意してつくったので、ぜひ注目してほしいと思います

綾野剛さんが全裸で戦っているシーンはぜひ推したい

ハードアクション&サスペンスの映画、女子には少しハードルが高いかも?と思いきや「実は出演が決まった頃に、周りの友人たちに『亜人』を実写化するんだよねと伝えると、意外にも女性にこの作品のファンだという人が多くてかなり驚いたんですよ」と身を乗り出した佐藤健さん。では、いちばん女性に見てほしいシーンは?
「同じ亜人の佐藤役で共演した綾野剛さんが全裸で戦っているシーンはぜひ推したい(笑)。あと、僕としては彼が直前まで40分間筋肉をパンプアップさせて撮影に臨んだという事実も付け加えてお知らせしたいポイント。もう汗ダクでしたから(笑)」「綾野さんがやっていたから」という理由で、佐藤健さんも撮影中は一緒にカラダを絞り込んだそう。「食べることが好きなので、普段はそれがストレス解消法。だから今回の撮影期間は僕の歴史の中でもかなりストイック度が高かったですね。年末にクランクアップしたあとは、年越し蕎麦や雑煮などを心置きなくたっぷり食べました(笑)」

Q.女性のメイクで好きなのはどんなメイク?


やっぱりすっぴんっぽいメイクかな。でも、唇が赤いのとかは、結構、僕好きなんですよね。あとは素肌がキレイというのがポイント高いかな。お化粧してても男子は肌のキレイさを見抜けますから!

 

Q.漫画を読むのは好き?最近のおすすめは何ですか?


漫画は結構読みます。『亜人』以外ですすめるとしたら?そうだなぁ。『いぬやしき』という漫画はかなり面白いですよ。次の出演作かどうかは……、そこは秘密ですけど(笑)。

 

Q.プライベートで今ハマっていることは?


今は“謎解き”にハマっていて。『リアル脱出ゲーム』って知っています? そういう体感型イベントにデートで行ったらちょっと楽しそうですよね。謎解き女子とか、可愛くて素敵です。
佐藤健
さとうたける●1989年3月21日生まれ、埼玉県出身。2007年、ドラマ『仮面ライダー電王』(テレビ朝日)で初主演。ドラマ『ROOKIES』(2008年)、『龍馬伝』(2010年)、映画『るろうに剣心』全3部作(2012、2014年/主演)、『バクマン。』(2015年/主演)など、話題のドラマや映画に多数出演、主役を演じる。映画『亜人』公開後も映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』や『いぬやしき』『ハード・コア』が公開予定。NHK連続テレビ小説「半分、青い。」に出演決定。

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

このページのTOPへ戻る