• > 宮田聡子がガチで愛用しているスキンケアを教えます!【韓国美容にも詳しい!】 [VOCE]

宮田聡子がガチで愛用しているスキンケアを教えます!【韓国美容にも詳しい!】 [VOCE]

2017年12月27日(水) 17時30分配信

20歳の頃より確実に肌がキレイ!そんなアラサーの人気モデルの、美肌キープ術をスクープ。愛用コスメから美容ギア、ピンチのときの駆け込み寺まで、美肌の秘訣を徹底取材!
【アラサーモデル】宮田 聡子さん 29歳

定番化粧水に、最新セラムやクリームの組み合わせが宮田聡子流

【アラサーモデル】宮田 聡子さん 29歳

ヘアメイクさんに「ファンデがいらない」と言われるほどの赤ちゃんみたいなツヤぷる肌の持ち主。趣味は意外にもゲームとサバゲー。

なりたいのは、女っぽい柔肌!

「触らなくともその柔らかさが伝わるような、ふっくらと女性らしい肌が目標です。アラサーになって肌悩みは多少増えたけど、“肌の未来”をある程度予測できるようになりました。例えば、『ニキビができそうだけど、今からこのケアを投入しておけば回避できる』といった具合にね!」
Q1.一日に何回もメイクを落とすのに肌が荒れないのはナゼ??

クレンジングはとにかく優しく!絶対力を入れません。

Q1.一日に何回もメイクを落とすのに肌が荒れないのはナゼ??

A.「全体をビオデルマのクレンジングで、ポイントメイクは低刺激な馬油でオフすることで肌を労っているから!」

おすすめクレンジング

右:「メイクさんに使ってもらってその“乾かなさ”に感激! しかもつるっと落ちる」サンシビオ エイチツーオー D
左:「目元や口元は馬油で。濃いメイクも難なく落とせて、しかも保湿までできるの」ソンバーユ(無香料)
Q2.美肌を支えるデイリーケアのアイテムは?

薬用 雪肌精(医薬部外品)

Q2.美肌を支えるデイリーケアのアイテムは?

A.「ドクタージャルトのクリーム、雪肌精の化粧水、ステムボーテのヒト由来幹細胞培養液配合の美容液」

「長年愛用。毛穴が気になるときは冷蔵庫で冷やして使っています」

ドクタージャルト シカ ペア クリーム

「韓国のドクターズコスメ。保湿力が高く肌が柔らかくなります。メイク前に仕込むとシワが消える! 同じシリーズのマスクも好き」

ステムボーテ ボディローション

「全身に使える美容液。使い続けてたら肌のキメが整いました」
Q3.肌のピンチを救うのは?

ジェニフィック アドバンスト デュアル コンセントレート

Q3.肌のピンチを救うのは?

A.「ジェニフィックの新作集中セラム」

「肌が調子悪いと感じたら投入。再生される実感がすごい!」
Q4.美容のMYブームは?

住所:東京都世田谷区北沢2-1-7ハウジング北沢IIビル3F

Q4.美容のMYブームは?

A.「下北沢のネロリハーブのハーブティ」

体にいいだけじゃなく味も美味しい♪悩んでた偏頭痛も解消したよ!

ネロリハーブ
「薬要らずの体になりたくて、体質に合わせて調合してもらったハーブティを飲んでます。肌って体が健康になると自然と明るくなるし、キレイになれることを実感!」
Q5.大事な撮影前の相棒は?

セルキュア4T プラス

Q5.大事な撮影前の相棒は?

A.「セルキュア4T プラスの美顔器」

「ディープクレンジングモードを使うとびっくりするくらい肌の汚れが落ちて透明感が倍増」

Q6.お肌の駆け込み寺は?

A.「青山のエステサロン“LIP”
「施術だけでなく、どこかリゾーティなサロンの癒やしムードや美容の知識豊富なスタッフさん(しかも美人!)とのおしゃべりも魅力」

Lifesalon LIP
「1回の施術で確実に小顔&プリプル肌になれるのが『HIFE(ハイフ)&サーマルフラクショナル』。この2つは、一緒に受けるとさらに効果絶大なの」
住所:東京都港区南青山1-8-15カーサ南青山2F
Q7.つい食べ過ぎちゃった!そんなときに頼る、お助けアイテムは?

ルセ 30包

Q7.つい食べ過ぎちゃった!そんなときに頼る、お助けアイテムは?

A.「サロン ド ドゥマン」で購入するクエン酸ドリンク『ルセ』!」

「クエン酸、ビタミン、アミノ酸、ミネラルを配合したパウダー。入浴前に水に溶かして飲んでおくと、代謝がアップするんです」
Q8.今、狙ってる美容アイテムは?

目から入る紫外線もシャットアウトしてシミ&そばかす対策!

Q8.今、狙ってる美容アイテムは?

A.「UVカットに優れたコンタクトと韓国の幹細胞美容液を注入できるスプレーガン」

宮田聡子さんのお肌ヒストリーもチェック!

12歳
UVケアをスタート。

13歳
特にまだ肌悩みはなかったけど、ネットサーフィンで化粧水サンプルをもらえることを知り、取り寄せしまくった!

17歳
スキンケアをスタート。最初はドラッグストアで買ったオールインワンコスメに夢中に。

18歳
コーセーの雪肌精に出会う。

20歳
ドゥ・ラ・メールのクリームに出会う。

21歳
原因不明のプツプツが出現。なかなか治らず、肌の暗黒時代に突入……。

24歳
肌荒れを治すためクリニックへ。肌そのものだけでなく、体を内側から労ることで美肌を取り戻す。

26歳
韓国美容に目覚める。いろいろと試してみたら、肌レベルが上がったよ!

27歳
ニキビなどが出にくくなって、肌が安定してきたのを実感。ただ、シミやそばかすが気になるようになってきた(涙)。

 

 

撮影/菊地泰久(vale./人物)

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

このページのTOPへ戻る