• > ホームパーティを盛り上げる、自然派ワインのおすすめ8本 [FRaU]

ホームパーティを盛り上げる、自然派ワインのおすすめ8本 [FRaU]

2017年12月26日(火) 12時00分配信

Photo:Yuji Kanno

いつもの友達とも、久しぶりの友達とも、集まりたくなる季節。家に招いてじっくり話したいけれど、なにせ忙しい時期でもある。ただ、準備する時間がなくても、料理が苦手でも、パーティはアイデア次第。なるべく手間をかけずに、どれだけハッピーなホームパーティができるかが今回のテーマです。

ホームパーティの脇役に欠かせないのは、なんといってもお酒。日常と非日常の差をつけるのは、実は料理やスタイリングよりも、とっておきのお酒かもしれない。ビールも日本酒もいいけれど、FRaUのイチ押しはムーブメントになりつつある自然派のワイン。飾らないけど奥深い味わいのナチュラルワインは、気のおけない仲間たちとの集まりにぴったり。

ブーム以前からイタリアを中心としたナチュラルワインを扱い続ける永島農さんは「スター生産者のもの以外にも、ぜひ味わっていただきたい魅力的なワインがある」と、まだ広く知られていない産地、造り手のワインを中心にセレクトしてくれた。造り手のストーリーを添えて “勝負差し入れ” に。

教えてくれたのは……

HIBANAオーナー 、永島農(あつし)さん
イタリアのナチュラルワインのアーカイブといわれた青山のリストランテ『フェリチタ』(現在閉店)で15年間、マネージャーを務め、今秋ワインバー『HIBANA』(紹介制)を開業。
SPARKLING

Photo:Yuji Kanno

SPARKLING

輝くロゼ色のフレンドリーなスパークリング

イタリア・カンパーニャ州の黒ぶどう、アリアニコで造られる微発泡ワイン。「キュートなエチケット同様、フレンドリーなスパークリング。冷やしてフルートグラスで。サラミやハムはもちろん、トマト料理やイチゴのデザートにも、和食にもぴったり」

ヴィーノ・ロザート・フリッザンテ
2015
生産者:カンティーナ・ジャルディーノ

Photo:Yuji Kanno

ぶどうだけで醸す瓶内二次発酵のスプマンテ

酵母も糖も添加しないぶどう100%のスプマンテ。「乾杯ではなく食事に合わせたいスパークリング。冷たくてもやや高めの温度でも、泡が抜けた翌日以降でも楽しめます。和風でも洋風でも、出汁の利いた鍋物など熱々の料理と合わせてみて下さい」

スプマンテ・デフラテッリ
2011
生産者:カ・デ・ノーチ
WHITE

Photo:Yuji Kanno

WHITE

ザクザクいける濃厚白ワイン貝類と合わせて

スペインのバレンシア州産の濃い白ワイン。「濃い色合いのイメージとは裏腹に、飲み心地の良いワインです。キンキンに冷やして小ぶりのグラスでグイグイと飲んで下さい。メインディッシュよりは、軽いオードブルと合わせて。貝類とはとても相性がいいです」

ベニマキア・ティナハス
2015
生産者:ベルナベ・ナバロー
 青背の魚と好相性 スケール感のある硬派な白

Photo:Yuji Kanno

青背の魚と好相性 スケール感のある硬派な白

世界遺産のチンクエ・テッレで造られる硬派な白ワイン。「親しみやすさよりスケール感を感じる味わい。白ワインとしてはやや高めの温度(13℃前後)で飲むのがおすすめです。青背の魚(生、加熱問わず)やフレッシュハーブを使った魚料理とぜひ」

アルトローヴェ
2014 / 15
生産者:ヴァルテル・デ・バッテ
新進注目生産者! 自然な抽出によるエレガントな味

Photo:Yuji Kanno

新進注目生産者! 自然な抽出によるエレガントな味

プレスせず、葡萄の重さだけで抽出した果汁で醸されるエレガントなワイン。「シチリアの注目株。飲む30分ほど前に冷蔵庫から出して(13℃前後で)大きめのグラスでゆっくり味わって下さい。熟成の浅いチーズやアンチョビと」

クリミーソ
2016
生産者:アルド・ヴィオラ
RED

Photo:Yuji Kanno

RED

愛好家におすすめ。熟成感のあるギリシャワイン

シャトー・マルゴーなどで研鑽を積んだ生産者がギリシャ・クレタ島で生産する熟成ワイン。「複雑な香りがありキノコ料理、バターやチーズを使った料理との相性は抜群。室温で大きめのグラスで味わって下さい。ワインマニアにさらりと出して驚かせたい1本」

シーティア
1998
生産者:ドメーヌ・エコノム

Photo:Yuji Kanno

料理と楽しむべき、毎日飲みたい地味滋味ワイン

ピエモンテ州のドルチェット種100%。「派手さはないけれど滋味溢れるワインで、幅広い食事に素晴らしく寄り添う。特に冬の煮込み料理や温かい肉系料理、トマトが入った魚介料理やリゾットなどと合わせて欲しい。冷やさず室温で、大きめのグラスで」

ドルチェット・ディ・オヴァーダ
2011
生産者:ボルガッタ
名に哲学を冠した日本限定キュヴェ、よく冷やして!

Photo:Yuji Kanno

名に哲学を冠した日本限定キュヴェ、よく冷やして!

エミリア・ロマーニャ州モデナの南で、7種のぶどうを原料に造られる赤ワイン。「リチクラービレ=再生可能。自然環境を大事に造られた日本限定のキュヴェです。赤ですが冷やして小ぶりのグラスで。生ハムのパニーノやカナッペなど、パンを使った料理と」

サッソスクーロ・リチクラービレ
2012
生産者:ヴィットーリオ・グラツィアーノ
●情報は、FRaU2018年1月号発売時点のものです。

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

このページのTOPへ戻る