• > たれは煮つめて風味よく。行正り香さんの「ぶりの照り焼き」 [おとなスタイル]

たれは煮つめて風味よく。行正り香さんの「ぶりの照り焼き」 [おとなスタイル]

2017年12月23日(土) 14時00分配信

料理家・行正り香さんの“ベスト照り焼きレシピ”は「2:1:1:1 弱火仕上げ」。みりん2:酒1:しょうゆ1:砂糖1の、みりんが多めの照り焼きだれを半量に煮つめて、ごく弱火で焼きます。著書『レシピのいらない和食の本』(講談社)から、「ぶりの照り焼き」レシピの紹介です。
照り焼きは、やっぱり煮つめたほうが風味がよい

いろんな料理に使えそう

照り焼きは、やっぱり煮つめたほうが風味がよい

照り焼きレシピにもいろいろあり、煮つめずにつけ込む方法もあります。「いろいろ試した結果、やっぱり煮つめたほうが風味がよいと思いました」と行正さん。
みりん2:酒1:しょうゆ1:砂糖1の割合のたれを、半量にとろっとするまで煮つめます。多めにつくっておくけば冷蔵庫に保存しておくこともできます。
この照り焼きのたれは、ぶりのほか、まぐろ、かつお、鮭などにもおいしく応用できます。お魚だけでなく、鶏肉、豚肉、肉団子にも。焼き鳥のたれにもなります。
照り焼きは焦げやすいので、ごぐごく弱火の魚焼きグリルで、じっくり焼き上げましょう。

行正り香さんの「ぶりの照り焼き 2:1:1:1 弱火仕上げ」

材料(2人分)
ぶりの切り身      2切れ(1切れ約130g)
粗塩          小さじ1/3
照り焼きだれ
みりん        大さじ4
酒、しょうゆ、砂糖  各大さじ2
はじかみしょうが    適宜

作り方
1.鍋に照り焼きだれの材料を入れ、中火で3~4分煮詰めて半量にする。
2.ぶりは両面に粗塩をふり、10分ほどおいてキッチンペーパーで表面の水けをふく。
3.1に2を20分以上つける。
4.魚焼きグリルは強火で温め、焼く直前にごくごく弱火にする。ぶりの汁けを切り、表側4分、裏側3分を目安にじっくりと火を入れる。(両面グリルならば、この6~7割)
5.器に盛り、あればはじかみしょうがを添えて出来上がり!
行正り香
料理家。作りやすさを第一に考えた、簡単で見栄えのするレシピが魅力で、家庭での再現性も高いと人気。和食から洋食、エスニックからお菓子まで50冊以上の著書があり、「だれか来る日のメニュー」(文化出版局)、「19時から作るごはん」(講談社)などは中国語や韓国語にも翻訳されている。近著に「今夜のワイン、どうしよう?」(講談社)。

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

このページのTOPへ戻る