• > おとなの“ナチュラル美”が8割叶うファンデーションの法則 [おとなスタイル]

おとなの“ナチュラル美”が8割叶うファンデーションの法則 [おとなスタイル]

2017年12月19日(火) 10時00分配信

撮影/目黒智子

「同窓会にどんなメイクで行ったらいいの?」。
老けて見られたくない、でも、若作りと思われるのは、もっと嫌。
その「さじ加減」の正解は――?

そこで、メイクアップ アーティストの佐々木貞江さんとともに考える、同窓会顔の正解。ポイントは「肌を白くしすぎない」「眉尻、目尻、口角を下げない」「血色が透けるような、ほのピンクを仕込む」「3/5程度に抑えた艶印象にする」の4つ。
今回は「肌を白くしすぎない」ためのおとなにマッチするファンデーションをご紹介します。

『肌を白くしない』とは、『首より』白くしないということ」(佐々木さん)
ファンデーションを塗っている印象自体が、老けて見せる大きな要因。首と顔の色の差がないだけで、ナチュラルな美しさの8割が叶うという。白が「七難隠す」という思い込みを、まずは捨てることから。
老けて見せないためには、まず、新作ファンデーションを手に入れる

撮影/高橋一輝[近藤スタジオ]

老けて見せないためには、まず、新作ファンデーションを手に入れる

「ファンデは新しいほどいい」が半ば常識。確かに、最近は「色」というより「光」や「質感」を操り、どんな肌にも溶け込み、なじむ進化型ばかり。
だから、ファンデだけは特に、新作を手に入れるのが、老けて見せない第一歩。そのうえで、「明るく見せたい願望から、無意識のうちに自分の肌色より白いものを選ぶ傾向があるようです。実際に肌に乗せて、慎重に選んで」(佐々木さん)

ファンデーション選びのポイント
首と顔のちょうど境目、あごの裏側辺りにファンデを試し塗りして、もっともなじむ色を選ぶこと。自分色を見つけるだけで肌はもっと綺麗に見える。

A.カバー力と透明感、両方を叶える絶妙ファンデ
心地いい密着感で肌悩みを一掃。おとなの素肌感を見事に演出。アンクルド ポー オール アワーズ ファンデーション SPF20・PA+++ 全4色

B.圧巻の17色。自分の肌に合う色を見つけて
厚塗り感のない均一な仕上がりが魅力。リキッド初心者でも簡単に上質な肌が作れる。ザ ファンデーション SPF12・PA++ 全17色

C.テカリも乾燥も怖くない。みずみずしい艶肌が続く
自然なカバー力で瞬時に潤いを与えるクッションタイプ。色ムラや毛穴もしっかり隠す。ダブル ウェア クッション BBリクイッド コンパクト N SPF50・PA++++ 全3色

D.エッセンシャルオイルで輝くような艶肌へ
5つのボタニカルオイル配合で、高いスキンケア効果&美しい艶肌に。ザ・ライトバルブ エッセンシャル オイル インファンデーション SPF45・PA+++ 全12色

E.笑いジワさえ美しい奥深い艶がもたらす表情美
ユニークなバーム状が肌の上でパウダリィに変化。その絶妙な艶が、おとな肌にマッチ。B.A パウダリィバームファンデーションM SPF20・PA+++ 全6色

F.生命感が溢れ出す圧倒的な美しさへ
とにかく仕上がりの肌が抜群。高機能クリームで、日中も肌を守られているような安心感が嬉しい。クレ・ド・ポー ボーテ ル・フォンドゥタン 全7色

G.ひと塗りで洗練をまとう究極のシルク肌へ
次世代クッションとも言える使い心地と、自然なカバー力はさすが。マイアルマーニ トゥゴー クッション SPF23・PA+++ 全6色

H.一点の濁りもない別格の透明肌へ
スキンケアのような濃厚なクリームが究極のなめらかさと輝きを実現。エクシア AL スーペリア クリーム ファンデーション EX SPF28・PA++ 全6色

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

このページのTOPへ戻る