• > 【無敵に可愛い笑顔のつくり方】実はテクニック次第なんです! [VOCE]

【無敵に可愛い笑顔のつくり方】実はテクニック次第なんです! [VOCE]

2017年12月18日(月) 12時00分配信

笑顔が絶えない女性はモテますよね。

いつも笑顔の女子には、周囲を癒すパワーがあります。とはいえ、自分ではハッピー感たっぷりににっこり笑っているつもりが、撮った写真を見たら想像と全然違う!笑顔が硬い!と思ったことありませんか?イメージ通りの笑顔のためにできること、まとめました。
表情筋を鍛える

発達した筋肉が可愛い笑顔を作る!

表情筋を鍛える

デフォルトの顔が無表情な人って多いですよね。普段から顔を動かしていないと、思い切り笑ったつもりでも人からはそうは見えていないことも。普段から意識して表情筋を鍛えて、イメージする自分とギャップのない笑顔を作りましょう。目をぐるぐる回すだけでも眼輪筋が鍛えられるし、割り箸を前歯でくわえて笑顔を作ってキープするのも笑った時にきゅっと上がる口角を作るのに効果的です。そして、普段の表情も大事。舌を上あごにつけてた状態の位置が本来の舌先の正しい位置です。舌先をここにつけ、舌全体を上顎に密着させた状態で鏡を見てみましょう。口角が自然に上がっていませんか?この状態を常にキープしておくだけで、笑顔も真顔もぐっと可愛くなります。いつも意識して。
歯のホワイトニング

歯さえ白けりゃ5割増し!

歯のホワイトニング

笑うとき、歯に自信がなくてつい控えめにしてしまう……こんな経験がある人もいるのでは?特に気になるのが歯の色ですよね。歯が白く透明感があると、それだけで自信をもって笑えます。思い切り笑えるので表情も変わるし、歯の白さと相まって写真写りも格段に良くなるものです。歯を白くする歯磨きなどが多く出ていますが、それだけで目に見えて歯を白くするのはなかなか難しいもの。信頼できる歯医者さんに相談のうえ、ホワイトニングをするのが一番の近道です。歯医者さんで行うオフィスホワイトニングや、マウスピースに薬剤を入れてはめておくホームホワイトニングなど、アプローチはいろいろ。予算に合わせて施術できるところも多いので、まずはカウンセリングしてみては?
目に光が入るようにする

死んだ魚の目じゃ可愛くない!

目に光が入るようにする

目にきらめきがあるかどうかで笑顔の可愛さは格段に変わります。写真を撮るときに目に写りこむ光をキャッチライトと呼びますが、この光は笑顔のみならず真顔までも可愛く見せてくれるもの。撮影時だけでなく、いつでも宿らせておきたいものです。一番効果的なのは、まつげを根元からしっかり上げておくこと。目も大きく見えますし、まつげが光を遮らないので自然に目がきらめきます。「まつげを上げるとビックリした顔になる」という人も、目頭は外して根元中心にカールさせることで自然なぱっちり感を出せるはずです。セルフィを撮る場合も、照明に顔を向けたり自撮りライトを活用するのもキラキラの目に写るコツ。
メイクで笑顔を形状記憶

「表情豊か」も作れる!

メイクで笑顔を形状記憶

笑った時に現れる顔の特徴をメイクで強調しておくことで、本当に笑った時に華やかな笑顔に見えたり、真顔でも微笑んでいるような、性格良さげな顔に見せることができます。口角を上げるようにリップを塗るのが定番テクですが、笑った時に高くなるところにチークを入れたり、笑った時の盛り上がりを再現するように涙袋にパール入りアイカラーを乗せておくのも効果大。笑って目尻が下がる人はそこを強調するようにアイラインを引いてみるのもいいです。「幸せそう」「いつもほんのり微笑んでる性格のよさそうなコ」に見えるのもこのメイクのうれしいポイントです。
みんなが惹かれる可愛い笑顔も実はテクニックで作れます!ここに、その場を心から楽しむマインドが加われば、あなたの笑顔は無敵のかわいさに♪素敵な笑顔を手に入れて。

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

このページのTOPへ戻る