• > あなたの顔、10歳老けて見られています! 正面顔より「斜め45度顔」に注意! [おとなスタイル]

あなたの顔、10歳老けて見られています! 正面顔より「斜め45度顔」に注意! [おとなスタイル]

2017年12月16日(土) 10時00分配信

意識してないと怖いですね。。。

ショウウインドウや窓に写った自分の顔や写真の顔を見たとき「私ってこんなにふけていたっけ?」そんなふうに思うことはありませんか?

窓に映ったそのなにげない顔こそ、ふだん周りに見られているあなたの顔。「正面から見た顔と斜め45度から見た顔では、年齢印象にギャップがあります」と新著「周りはあなたの老化に気づいています 「他人目線」でたるみケア』で語るのは、資生堂のカリスマ研究員であり、「見た目年齢」のパイオニア江連智暢さん。

正面からでは気がつきにくい、フェイスラインのゆるみ、ほうれい線やマリオネットラインにできる影などが、斜め45度でははっきりと見えます。これこそが顔の角度によって生じる年齢印象のギャップ。そしてふだん、あなたが見られている顔なのです。

40代の一般女性40名に正面から撮影した自分の顔写真と斜め45度から撮影した自分の顔写真で見た目年齢を比較してもらったところ、平均して斜め45度顔のほうが10歳上に見えるという結果が。

つまり自分が思っている年齢よりも、周りの人はおよそ10歳上ととらえているということ。そう、あなたより先に、周りの人のほうが先にあなたの老化に気づいていて、10歳も上に見られていることもある、ということなのです。
たるみが“老け”の原因だった

自分が見ていない範囲はわかりませんね

たるみが“老け”の原因だった

その斜め45度に出やすく、老けて見える元凶はたるみ。フェイスラインのゆるみ、ほうれい線、マリオネットラインだけでなく、目が小さくなった、頬の毛穴が目立ってきた……これらはすべてたるみのせい。そのたるみは自分が正面顔ばかり見ていて、気づきにくいために、どんどん進行してしまっているのです。

実は20代からすでにたるみ世代は始まっています。ただ、運動がいくつになっても効果的なように、気がついたらいくつからでも改善できます。顔を支えているものは表情筋。筋肉はいくつになっても育つものです。

表情筋のエクササイズによって、そのたるみの緩和につながるという結果も出ています。

これからの美容は正面顔の自分目線だけでなく、斜め45度の他人目線を意識すること=たるみケアから始めてみましょう。アンチエイジングの正解はここにあります。

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

このページのTOPへ戻る