• > 【目が1.5倍になる】二重・奥二重・一重のペンシルアイライナーの引き方 [VOCE]

【目が1.5倍になる】二重・奥二重・一重のペンシルアイライナーの引き方 [VOCE]

2017年11月05日(日) 20時00分配信

ペンシルアイライナーの引き方次第でデカ目に!

目が1.5倍に見えるアイライナーの引き方にはコツがあった!!自分の目の形にあった引き方でいますぐ見違えます!5種類の目の形から自分の目の形に合う最適な一本でやってみて!
ペンシルはリキッドよりも太めが鉄則。インも攻めて

【幅狭二重】

ペンシルはリキッドよりも太めが鉄則。インも攻めて

「リキッドよりも太め&インもグイグイ描く。目尻は目のフレームでとどめ、綿棒をスッと横に滑らせて繊細さを演出」(吉村純さん)
黒ペンシルをキワに入れてぼかすことで、ヌケをつくる

【幅広二重】

黒ペンシルをキワに入れてぼかすことで、ヌケをつくる

「まつ毛キワに黒でラインを引いたら、それを綿棒をタテに持ち、左右にぼかして。インラインを入れるなら茶色で」(吉村純さん)
ペンシルで太めに、が鉄板。綿棒でのぼかしも忘れずに

【末広二重】

ペンシルで太めに、が鉄板。綿棒でのぼかしも忘れずに

「目尻側が太くなるように。目頭側1/3にもラインは描くけれど、綿棒でぼかすことが必須。目尻はフレームで止めて」(吉村純さん)
ペンシルなら二重幅2/3まで攻めて、シャドウでぼかす

【奥二重】

ペンシルなら二重幅2/3まで攻めて、シャドウでぼかす

「二重幅の2/3まで描き、それを同系色のシャドウでぼかす。黒目下にもリキッド同様に引き、縦に丸い目をつくって」(吉村純さん)
基本はリキッド同様。下のキワをリキッドよりも執拗に攻める

【一重】

基本はリキッド同様。下のキワをリキッドよりも執拗に攻める

「リキッドと同様でOKだけど、下はリキッドよりもしっかりと点置きして、それを下方向に広げる。黒目下は特に!」(吉村純さん)

教えてくれたのは

ヘア&メイクアップアーティスト 吉村純さん

 

撮影/城健太(vale./人物)、武藤誠(静物)

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

このページのTOPへ戻る