• > NHKラジオ深夜便“会話の達人”佐野剛平「自分を語る技術」 [おとなスタイル]

NHKラジオ深夜便“会話の達人”佐野剛平「自分を語る技術」 [おとなスタイル]

2017年02月16日(木) 09時00分配信

自分を語る技術とは

聴く人も、話す人も心地よい語りとは?
大人になれば誰しも、人前で話す機会がある。
そんなとき、自分らしい、面白い話ができると達成感が持てるし、自信がついて、次の世界が広がります!

どんな“態度”で話すかをみんな見ています

「人前できちんと話せるということは、社会性があるということです」
大勢の前で堂々と話すことができて初めて、本当の意味で大人と認められるのかもしれません。

「人前に立てば、みんながあなたの“態度”に注目します。まず、どうしますか? そう、笑顔です。笑顔で人前に立ち、深くおじぎをする。それからゆっくりと話し始める。口調は、ふだんの話し言葉をちょっとだけていねいにした感じがいい。かしこまった話し方では、聴き手の心に言葉がスムーズに入ってきません。
ふだんより大きな声でゆっくりと、大勢にではなく、たったひとりに話しかけるような気持ちで、無我夢中で話してください。話し終えて、『彼女、精一杯やったな』と人から思われれば、最高です」

「人の興味をひく」自分の体験を話そう

「“態度”の次は、ここからが本番、“何を話すか”です。ほかの人が持っていない、あなただけの体験を話すのが一番です。仕事の失敗談、旅先でのちょっとした事件、人生の岐路に立ったときの話……自分のこれまでの体験のうち、人の興味をひきそうな話をひとつ選びます。

次に、その体験の“どこ”から話すかを決める。話は時系列、つまり起こった順番通りに話しても、面白くないんです。結論から話してみたりして、聴き手を良い意味で裏切る仕掛けが必要です」

佐野さんの講座では事前にテーマが与えられ、毎回、受講生ひとりずつが3~5分程度、みんなの前で話をするそうです。

〈話をまとめるという作業が、私はなかなかできなかったんです。でも『話に起承転結をつけましょう』とか、『今回は結論から始めてみたらどうですか、そのほうがインパクトがありますよ』と佐野先生からアドバイスをいただいて、人を惹きつける話術がだんだんわかってきました〉(裕子さん・54歳)

「内容はあらかじめ、メモにまとめます。大事なのは、必ず結論、つまり“落ち”をつけること。これがないと、聴く人ががっかりしてしまいます。聴き手が『やっぱりそこなんだ……』と予想できるような落ちでは、上手とは言えません。よーく考えて、悩んで、あなたなりの結論をみつけてください。話すことは毎回毎回真剣勝負。ゲームみたいなもの。挑戦し続けていれば、必ずあなたらしい話が楽しんでできるようになります」

たとえば僕なら、こう話します

「結局のところ、話すことも聴くことも、いかに人に喜んでもらうかだと思っているんです。だからそこには本当に、プライドも肩書も関係ない。そんなもの、消しちゃいな、って言いたい。僕は山が好きで、山に登って自然の中にいると、自分がちっちゃい人間なんだとわかる。これまで1300の山に登ってきて、いつ死んでもおかしくないような、神さまに救(たす)けられている、と思う瞬間が何回もありました。そんな人間が、素敵な人たちの話を聴いたり、話を聴いてもらったりするわけだから、かっこをつける余裕がない。いかに相手を敬って、相手に喜んでもらうかしかないわけです」

神さまに救けられている、と思うなんて。どれほど危ない体験をしたのでしょうか、と聴くと、佐野さんは「うん。どっから話そうかな」と小さくつぶやいて、一呼吸おいてから静かに話し始めました。

「3年ぐらい前に、ある人物の存在を知ったんです。その人は山が大好きで、学生だった昭和37年に自分がリーダーとなって、冬の大雪山に11人で登り、遭難して、自分以外全員が死んでしまったんです。その人ひとりが山から下りてきた、足を凍傷で失って。僕はその人に『ラジオ深夜便』でインタビューしたいと思った。どんな気持ちで、その後の長い人生を歩んできたのか、とても知りたかったんです。でも出演を依頼するの、恐いでしょ? 普通に依頼したのでは、きっと出てくれない。
僕はその人に電話をかけて、こう切り出しました。『あの、昭和37年の夏に、学習院大学の学生が日高山脈で遭難した事故がありましたけど、ご存じですか』『ああ、知ってるよ。新聞で見たよ』とその人から返ってきたので、『そのときのリーダー、僕だったんです』と言った。

昭和37年の事故というのは、僕が大学2年生のときのことで。下山するときに、台風ですごい流れだった川を、リーダーの僕が渡ってみて危険だと判断した。ところが山に慣れている1年生が、ひとりで渡り始めてしまったんです。『引き返せ』と言っても、轟々(ごうごう)という濁流の音で聞こえない。と、彼が川の中で崩れて、グーッと流れの中に消えていくのが見えた。どうしよう! どこかにしがみついていたら助けようと思って、川下を探したけれど、絶壁になっていて僕らも歩き進めることができなかった。しかたなく引き返すと、嘘みたいな話なんだけど、渡れなかった川に、まるで橋がかかるみたいに虹が出ていた。そのとき、僕は思ったんです。あ、彼は逝ったんだな、と。翌日、5キロ下流で、急流にもまれて額を打った遺体が見つかった。遺体の捜索、警察の事情聴取、記者会見……僕にとって永遠に忘れられない数日でした。

そういう経験をしているんですね。だから、ほかの人にはわからない痛みの体験をお互いにしているから、出演依頼をしたその人は言ってくれました。『そうだったのか。インタビューを受けてもいいよ』って」 こちらの質問に答える形で、佐野さんがとっさに頭の中で組み立てて語ってくれた“自分の話”。負った痛みもまた、聴く側の心に響く物語。人と人の心が通じる“会話”の尊さが、あらためて染みてきます。

「語り下手」解消の5ヵ条

1:笑顔で堂々と人前に立つ

2:ひとりに話しかける気持ちで話すとうんと楽になる

3:自分の体験の中から人の興味をひく話をひとつ選ぶ

4:どこから話すか、順番と落ちがキモ

5:「聴いてよかった」と人を喜ばせることをめざして話す

 

ラジオ深夜便
NHKラジオ第1にて
毎日23:15~5:00、祝日23:10~5:00(NHK‐FM毎日1:00~5:00)生放送。
アンカーはNHK 現役・OBアナウンサー。静かで優しいトーク、さまざまな時代・ジャンルの曲、インタビューなどを流す、隠れた人気番組。

 

■Profile
佐野剛平
さの ごうへい
新潟県栃尾生まれ。1965年学習院大学経済学部卒業。元NHKアナウンサー、エグゼクティブプロデューサー。現在は『ラジオ深夜便』のディレクターで、『列島インタビュー(1:00台)』、『明日へのことば』(4:00台)の担当メンバーのひとり。取材交渉からインタビュー、構成、編集までを手がける。学習院生涯学習センターで長年続けている『話し方セミナー』も人気

 

 

『おとなスタイル』Vol.5 2016秋号より
(撮影/大河内禎)

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

おとなスタイル
成熟に向かう大人の女性へ
spooonn!

PRESENT

  • Spooonn!

    Spooonn!

    21時間前

    【フルーツたっぷり♪ 型なしリースタルト】 by 結城寿美江(料理家) SNSでも話題のリースタルトを、型を使わず手...もっと見る軽に作れるレシピ♪ 生地の材料を冷やしておき、フードプロセッサーで混ぜると、サックサクの仕上がりに!(編集・おおや) 材料 〈生地〉 薄力粉・・・100g バター・・・60g 粉糖・・・25g 卵黄・・・1個分 〈トッピング〉 ブルーベリージャム・・・大さじ2 マスカルポーネ・・・100g 砂糖・・・小さじ1 いちご・・・適量 キウイ・・・適量 オレンジ・・・適量 エディブルフラワー・・・適量(あれば) 作り方 1.生地を作る。フードプロセッサーに薄力粉、バターを入れ、黄色い砂状になるまで10秒ほど攪拌する。粉糖、卵黄を加え、生地がやっとまとまりそうな状態になるまで2~3秒攪拌する。台に取り出して1/5量を取り分け、残りをめん棒で直径18cmの円形にのばす。   Point! 生地の材料を冷蔵庫で冷やしておくと、団子状にならず、さらさらの状態で混ぜられる。フードプロセッサーで混ぜると、こねずに生地を作れるため、ねばりが出ず、サクサクに仕上がる。   Point! 生地を台に取り出してめん棒でのばすときも、なるべくこねないように気をつけて。 2.1の中心を直径9cmほどのセルクル(グラスなどでもOK)で抜き、外側のリング状の生地はオーブンシートを敷いた天パンにのせる。抜いた部分と、取り分けておいた1/5量の生地をそれぞれ、直径1~1.5cmのひも状にのばす。 3.2のリング状の生地の内側と外側のふちにひも状の生地をのせ、リング状の生地全体にフォークで穴をあける。 4.3を180℃に温めたオーブンで15~20分焼き、冷ます。 5.4の内側と外側のふちの間にブルーベリージャムをぬる。マスカルポーネと砂糖を混ぜ合わせて絞り出し袋に入れ、内側のふちと外側のふちに沿ってそれぞれ1周ずつ絞り出す。 6.5の上に一口大に切ったいちご、キウイ、オレンジをランダムに飾り、あればエディブルフラワーをちらす。 〈レシピ / 結城寿美江〉 料理家。エコールキュリネール国立製菓カレッジ卒業後、有名菓子店で修業。その後、料理家・川上文代氏に師事する。簡単でおいしい毎日のおかずから本格料理、スイーツまで、得意料理のジャンルは幅広い。著書に『おいしい朝ごはん』(エイ出版社)などがある。 よかったら、「いいね!」や「シェア」をお願いします。 作った感想やレシピのリクエストもどんどんコメントしてください! #リースタルト #リングタルト #手作りタルト #手作りお菓子 #手作りおやつ #手作りスイーツ #手作りケーキ #型なしタルト #Spooonn #スプーン #おうちごはん #おうちカフェ 
  • Spooonn!

    Spooonn!

    1月17日 20:00

    【黒豆とクリームチーズの和風アイスカナッペ】 by 榎本美沙(料理家) おせちの祝い肴でもある黒豆を使った、新春に...もっと見るぴったりのフィンガーフード。材料を混ぜ合わせて冷やし固めるだけと超簡単なのに、抹茶をふりかけて黒豆とゆずの皮をトッピングすることで、たちまち「おもてなし仕様」に♪ オードブルにもおつまみにもオススメ☆(編集・おおや) 材料(4~8人分) 黒豆      30g クリームチーズ 100g マシュマロ   25g 牛乳      50ml 薄焼きせんべい 8枚 〈トッピング〉  黒豆     16粒  抹茶     大さじ1/2  ゆずの皮   少々 道具 バット(サイズ W155×D125×H26mmくらい) 作り方 1.ボウルにマシュマロと牛乳を入れてふんわりとラップをかけ、電子レンジ(600W)で50秒加熱し、泡立て器でよく混ぜてマシュマロを溶かす。 2.1に常温にもどしたクリームチーズを加え、なめらかになるまでよく混ぜ、黒豆を加えて混ぜる。 3.バットにラップを敷いて2を流し入れ、ラップをかけて冷凍庫で2時間以上冷やし固める。   Point! バットに流し入れたあと、黒豆が全体に均一に混ざるように位置をととのえる。 4.3を8等分に切って抹茶をふりかけ、せんべいの上に1つずつのせる。上に黒豆を2粒ずつ飾り、ゆずの皮をちらせばできあがり! 〈レシピ/榎本美沙〉 料理家。広告会社勤務の傍らHP等でレシピ紹介を続け、現在はフリーで主に「一緒に料理する」「簡単おもてなし料理」「食育」をテーマに、メーカーやマルシェなどのイベント、WEBサイトでのレシピ開発などで活躍。 ふたりごはん http://www.futari-gohan.jp/ よかったら、「いいね!」や「シェア」をお願いします。 作った感想やレシピのリクエストもどんどんコメントしてください! #黒豆 #クリームチーズ #カナッペ #マシュマロ #ホムパ #おもてなし #オードブル #前菜 #おつまみ #ホームパーティー #デザート #スイーツ #手作りスイーツ #Spooonn #おうちごはん #スプーン #おうちカフェ 
  • Spooonn!

    Spooonn!

    1月15日 20:00

    【簡単! 華やか! 花のにぎらずし】 by 榎本美沙(料理家) 「にぎらずし」=「握らないお寿司」。寿司飯を手で細...もっと見る長い棒状に整えてのりで巻き、8等分にカットして、切り口に好みのネタをのせるだけ。一口サイズのかわいいお寿司が簡単にできちゃいます♪ 今回は、ネタを花の形にした華やかなにぎらずし4種をご紹介☆(編集・おおや) 材料(2人分) 雑穀ご飯(またはご飯) 200g 寿司酢(市販)     適量(商品の表示どおりの量) いり白ごま       大さじ1 焼きのり(全型)    1枚 サーモン(刺身用)   50g アボカド        1/4個 薄焼き卵        1枚 三つ葉         2本 いか(細切り)     30g 練り梅         少々 ラディッシュ(薄切り) 1~2個 イクラ         少々 作り方 1.寿司飯を作る。ボウルにご飯を入れ、寿司酢、いり白ごまを加え、ご飯を切るようにして手早く混ぜる。 2.まな板にラップを敷いて1をのせ、ラップで包んで細長い棒状に整える。   Point! 長さをのりの幅に合わせるとよい。 3.まな板にラップを敷いてのり、2をのせ、のりで2をくるりと巻いて、余分なのりを切り取る。ラップで巻き、5分おいてなじませる。 4.包丁をぬらしながら3の両端を切り落として8等分に切り、切り口を上にして並べる。 5.サーモン、アボカドはそれぞれ薄切りにする。サーモン1切れをくるくる巻き、それを芯にしてアボカド、サーモンを交互に巻きつけてバラの形にし、4の上にのせる。合計2個作る。 6.三つ葉は電子レンジ(600W)で10秒加熱する。薄焼き卵は半分に切り、1枚を半分に折り、輪のほうに1cm間隔で1.5cm長さの切り込みを入れ、端からくるくる巻いて三つ葉で結び、4の上にのせる。合計2個作る。 7.いか5~6切れを半分に折りながら4の上に花の形に並べ、中央に練り梅をのせる。合計2個作る。 8.ラディッシュ5枚を少しずつ重ねながら4の上に花の形に並べ、中央にイクラをのせる。合計2個作る。 〈レシピ/榎本美沙〉 料理家。広告会社勤務の傍らHP等でレシピ紹介を続け、現在はフリーで主に「一緒に料理する」「簡単おもてなし料理」「食育」をテーマに、メーカーやマルシェなどのイベント、WEBサイトでのレシピ開発などで活躍。 ふたりごはん http://www.futari-gohan.jp/ よかったら、「いいね!」や「シェア」をお願いします。 作った感想やレシピのリクエストもどんどんコメントしてください! #にぎらずし #握らない寿司 #にぎら寿司 #寿司ケーキ #ホムパ #おもてなし #寿司 #手作り寿司 #寿司パーティー #ホームパーティー #Spooonn #おうちごはん #スプーン #おうちカフェ 
  • Spooonn!

    Spooonn!

    1月12日 20:00

    【あつあつチーズが溢れ出す! 極厚濃厚シカゴピザ】 by 結城寿美江(料理家) 「シカゴに行ったら必食!」と言われる...もっと見る名物ピザ☆ 5cm以上の極厚で、カットしたとたんに、あつあつのチーズとたっぷりのフィリングが溢れ出します! 取り分けるときも、チーズがとろ~っと伸びる伸びる! ビジュアルも味も迫力満点!! これを食べるときは、カロリーなんて気にしちゃダメですよ♪(編集・おおや) 材料(直径15cm×高さ5.5cmの型1台分。2~4人分) 〈生地〉 ドライイースト   2g ぬるま湯      80ml 強力粉       120g 塩         小さじ1/3 オリーブオイル   小さじ2 〈フィリング〉 玉ねぎ       1/2個 マッシュルーム   6個 ズッキーニ     小1本 ソーセージ     3本 トマトソース    150g 溶けるチーズ    100g モッツァレラ    100g オリーブオイル   大さじ1 作り方 1.生地を作る。ボウルにぬるま湯とドライイーストを入れ、よく混ぜて溶かす。強力粉、塩、オリーブオイルを加えて混ぜ、ある程度まとまって粉っぽさがなくなったら台に取り出す。手のひらで生地を手前から奥へ押すようにして、なめらかになるまで2~3分こねる。ボウルに入れてラップかぬれふきんをかけ、暖かい場所に40分ほどおいて発酵させる(常温の場合は約1時間)。 2.ソーセージは斜め切りにする。玉ねぎ、マッシュルーム、ズッキーニは2cm角に切る。 3.フライパンにオリーブオイルを熱し、2を順に加えながら炒める。トマトソースを加えて全体を混ぜ、ふたをして5分煮る。ふたをあけ、水分が多ければ、かるく煮詰める。 4.台に打ち粉をして1をのせ、めん棒で直径24cmの円形にのばす。オリーブオイル(分量外)を薄く塗った型に敷き込み、ラップかぬれふきんをかけて、15分ほどおく。   Point! 型の内側にオリーブオイルを薄く塗っておくと、生地が型の側面にはりつきやすい。 5.生地全体にフォークで穴をあけ、3の1/2量、溶けるチーズ、モッツァレラの1/2量、残りの3、残りのモッツァレラを順に入れ、200℃に温めたオーブンで30分焼く。 6.5をオーブンから出して型をはずし、器に盛る。 〈レシピ / 結城寿美江〉 料理家。エコールキュリネール国立製菓カレッジ卒業後、有名菓子店で修業。その後、料理家・川上文代氏に師事する。簡単でおいしい毎日のおかずから本格料理、スイーツまで、得意料理のジャンルは幅広い。著書に『おいしい朝ごはん』(エイ出版社)などがある。 よかったら、「いいね!」や「シェア」をお願いします。 作った感想やレシピのリクエストもどんどんコメントしてください! #シカゴピザ #ピザ #手作りピザ #モッツァレラ #チーズ #トマトソース #極厚ピザ #Spooonn #スプーン #おうちごはん #おうちカフェ #食欲倍増
  • Spooonn!

    Spooonn!

    1月10日 20:00

    【冷凍パイシートで☆ポテトパイのオープンサンド】 by 松岡明理(料理家) 冷凍パイシートをオーブンでから焼き。ポテ...もっと見るトクリームとお好みの具をトッピングすれば、パンとはひと味違う、おしゃれなオープンサンドに♪ ホムパにもオススメ!(編集・おおや) 材料(6本分) 冷凍パイシート(18×18cm)  2枚 じゃがいも          2個 A  牛乳            70~80ml  塩、こしょう        各少々 トッピング          各適量              (例:アボカド、モッツァレラ、ミニトマト、ゆで卵、枝豆、コーン、ハム、スモークサーモン、レモン、パセリなど)    EXVオリーブオイル、黒こしょう 各適量 作り方 1.パイシートは1枚を4.5cm幅3枚、約5mm幅6枚に切り分ける。もう1枚も同様に切る。 2.4.5cm幅のパイシートの両端に牛乳(分量外)をぬり、5mm幅のパイシートをのせて、190℃に予熱したオーブンで18~20分焼く。 3.じゃがいもはぬらしたキッチンペーパーで包み、さらにラップで包んで、電子レンジ(600W)で5~6分加熱する。粗熱がとれたら、皮をむいてボウルに入れ、マッシャーでしっかりつぶす。 4.3にAを加え、なめらかになるまで混ぜたら、絞り出し袋に入れて2の上に絞る。   Point! 牛乳はまず少なめに入れ、絞りやすいやわらかさになるよう、様子を見ながら少しずつ加える。 5.お好みの具をトッピングして、オリーブオイル、黒こしょうをかければでき上がり! このレシピはこの本から↓ 『12か月の母娘ごはん』松岡明理 http://amzn.to/2yqTUy3 〈レシピ/松岡明理〉 フードコーディネーター、幼児食アドバイザー。身近な食材で簡単にできる料理を提案している。写真映えする料理&スタイリングも得意。小学生の女の子のママでもあり、季節ごとのイベントの料理は実生活のなかで生まれたレシピ。 よかったら、「いいね!」や「シェア」をお願いします。 作った感想やレシピのリクエストもどんどんコメントしてください! #冷凍パイシート #ホムパ #オープンサンド #Spooonn #スプーン #おうちごはん #おうちカフェ #ホームパーティー #フィンガーフード #手作りパイ #じゃがいも #ポテトクリーム 
  • 成熟に向かう大人の女性へ
  • spooonn!
  • ai
  • ワーママ

このページのTOPへ戻る