• > ViViモデルから国民的女子へ。佐久間由衣、朝ドラ出演決定! [ViVi]

ViViモデルから国民的女子へ。佐久間由衣、朝ドラ出演決定! [ViVi]

2017年01月26日(木) 18時20分配信

ViViモデルの佐久間由衣が、来年4月に始まるNHK連続テレビ小説『ひよっこ』に出演決定! すでに撮影が始まっているという現場は、〝緊張感もあるけれど、すごく楽しい!〞と目をキラキラ輝かせながら語るさくちゃん。その女優業への思いとは?!

写真提供/NHK

ヒロインの友人役を演じます!

有村架純さん演じるヒロインの幼なじみを演じるさくちゃん。舞台は1960年代の茨城と東京。4月3日からスタート!

Photography:Sophie Isogai (KiKi)

『ひよっこ』のオーディションに受かったって聞いたときは、思わず「やったー!」って大声を出してしまいました。朝ドラへの出演はひとつの目標でしたし、さらに岡田惠和さんが書かれる作品が大好きなので、今回の『ひよっこ』も手掛けられると聞いて、絶対に逃したくないチャンスだと思っていました。なので、オーディションまでにできることはすべてして挑もうと思い、国会図書館に行って舞台となる1964年の時代背景について調べたりしていました。

——何かお芝居の稽古はしていたの?
はい。1年前に出演した『トランジットガールズ』でいろいろ経験させてもらって、そこでの自分のお芝居を見て考えさせられるものがあったので、紹介してもらってお芝居のワークショップに行っていました。ViViの現場でスタッフさんに「さくちゃん表情がよくなったね!」って言われたことがあったんですが、そのときちょうどワークショップに通っていて。お芝居を通して感情を表に出すクセがついたんだと思うのですが、それが自然にモデル業にも活かせてたのかな。あとは小説を読んでいると台本が読みやすくなると色んな先輩方から聞いていたので、元から小説は大好きなのですが、もっともっと想像しながら本を読んだりしていました。

——そもそも女優を目指したきっかけって?
高校生のときに『愛のむきだし』という映画を見たのがきっかけで、私も女優になりたいと思いました。

——そんなさくちゃんのこれからの女優業に対する思いは?
今は『ひよっこ』を一生懸命頑張りたいです。まだチャンスの入り口に立たせてもらっただけで、余裕もないし、みなさんのスピードについていくだけで精一杯。でも、自分が演じる女の子を魅力的に見せられるように頑張ります!

——トントン拍子で決まったかに思われる朝ドラへの出演も、実はさくちゃんの並々ならぬ努力があってこそ。やりたいことへは努力を惜しまず全力投球! まだまだ新人、これからの女優・さくちゃんの飛躍が楽しみです!

Photography:Sophie Isogai (KiKi)

台本カバーがお守り的存在!

「『トランジットガールズ』の時のスタッフさんから誕生日にサプライズでいただいたもの。『これから沢山これを使ってあげてね』と役者業を応援してくれて。大切に保管して、やっと使えている日々です。感謝です」

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

ミモレ
成熟に向かう大人の女性へ
spooonn!

PRESENT

  • Spooonn!

    Spooonn!

    11時間前

    【みそ味がしみうま★きのこチキンロール】 by 結城寿美江(料理家) みそ味がしみこんだ鶏肉できのこを巻いてレンチン...もっと見る! 鶏肉をクッキングペーパーで包んでから、みそでサンドするのが「しみうま」のポイント♪(編集・おおや) 材料(1本分) 鶏むね肉           1枚 A  みそ            50g  みりん           大さじ1 1/2  砂糖            大さじ1 1/2  にんにく(すりおろし)   1かけ お好みのきのこ(みじん切り) 100g サラダ油           小さじ2 塩、こしょう         各少々 作り方 1.鶏肉に包丁で切込みを入れて観音開きにする。棒でたたいて厚みを均一にし、フェルトタイプのクッキングペーパーで包む。 2.ボウルにAを入れて混ぜ、ラップに半量をぬって1をのせる。残りのAをぬってラップで包み、半日おく。   Point! フェルトタイプのクッキングペーパーで包むと、少ない量のみそでもしっかり密着するので、みそのおいしさが効率よく鶏肉にしみこむ! 3.フライパンにサラダ油を熱し、きのこを入れて香ばしく炒め、塩、こしょうで調味し、粗熱をとる。 4.2のラップとリードをはずす。新しいラップを2枚重ねて上に鶏肉をのせ、3を手前から1/3くらいの範囲に均一にのばす。巻きすの要領でラップで巻いて、棒状にととのえる。電子レンジ(600W)で2分加熱し、裏返してさらに1~2分加熱する。   Point! 加熱後、そのままおいて冷ますと、切りやすい。 5.ラップをはずし、食べやすい大きさに切り、野菜などと盛り合わせてでき上がり! 〈レシピ / 結城寿美江〉 料理家。エコールキュリネール国立製菓カレッジ卒業後、有名菓子店で修業。その後、料理家・川上文代氏に師事する。簡単でおいしい毎日のおかずから本格料理、スイーツまで、得意料理のジャンルは幅広い。著書に『作りおきべんとう』(エイ出版社)などがある。 よかったら、「いいね!」や「シェア」をお願いします。 感想やレシピのリクエストもどんどんコメントしてください! #鶏肉 #みそ #味噌 #きのこ #電子レンジ #レンチン #フェルトタイプのクッキングペーパー #クッキングペーパー #オードブル #おうちごはん #スプーン #Spooonn #ホムパ 
  • Spooonn!

    Spooonn!

    4月26日 20:28

    【ゆで豚肉の旨みしょうゆ漬け】 by 小田真規子(料理研究家・栄養士) レンチンで、甘辛味がしみしみのゆで豚ができ...もっと見るちゃう! クッキングペーパーで包んで調味料に漬け、じっくり煮込んだ味が再現できます♪(編集・おおや) 材料(1本分) 豚肩ロース肉       350g~400g A  塩           小さじ1/2  水           大さじ1 B  しょうゆ        大さじ4  砂糖          大さじ2  みりん         大さじ2  しょうが(すりおろし) 2かけ 長ねぎ(白髪ねぎ)    適宜 トマト(くし切り)    適宜 きゅうり(細切り)    適宜 作り方 1.豚肉にフォークで20ヵ所ほど穴をあけ、Aをかけてよくもみ込み、室温に20分おく。 2.耐熱皿に水でぬらして軽く絞ったフェルトタイプのクッキングペーパーを敷き、1をのせて包み、裏返す。ふんわりとラップをかぶせて、電子レンジ(600W)で8~9分加熱する。 3.ラップをはずして肉を裏返し、新しいラップをかけて30分おく。 4.3を新しいクッキングペーパーで包み直し、保存袋に入れる。 5.ボウルにBを入れて混ぜ、3に加え、冷蔵庫で1日以上味をなじませる。 6.食べやすい大きさに切り、切った野菜を添えればでき上がり! 〈レシピ / 小田真規子〉 料理研究家・栄養士。健康に配慮した、作りやすくておいしい料理に定評がある。料理の基本や、つくりおきおかずのレシピの他、ダイエット中でも食べられる本格的なお菓子の提案も人気。 よかったら、「いいね!」や「シェア」をお願いします。 感想やレシピのリクエストもどんどんコメントしてください! #ゆで豚 #豚肉 #レンチン #電子レンジ #クッキングペーパー #フェルトタイプのクッキングペーパー #小田真規子 #おうちごはん #スプーン #Spooonn 
  • Spooonn!

    Spooonn!

    4月25日 20:00

    【カンタン大人弁当】 by 小田真規子(料理研究家・栄養士) レンチンでおかずが全部いっぺんにできちゃう! 鶏肉の...もっと見る南蛮漬け、ポテトサラダ、ブロッコリーの昆布漬けが入った大人弁当です。クッキングペーパーの使い方がポイント♪(編集・おおや) 材料(1人分) [鶏肉の南蛮漬け]  鶏手羽元            3本  塩               小さじ1/4  A   しょうゆ           大さじ1   砂糖             小さじ1   酢              大さじ1   万能ねぎ(小口切り)     3本(15g) [ポテトサラダ]  じゃがいも(皮つき1cm角切り) 1個(80g)  玉ねぎ(薄切り)        1/4個  B   マヨネーズ          大さじ1   粒マスタード         小さじ1 [ブロッコリーの昆布漬け]  ブロッコリー(小房に分ける)  50g  C   塩昆布            ひとつかみ   ごま油            小さじ1  ご飯              適量  小梅              適量  青のり             適量  青しそ             2枚 作り方 1.鶏手羽元はキッチンばさみで骨に沿って1ヵ所切り込みを入れ、塩をふる。 2.耐熱皿に水でぬらして軽く絞ったフェルトタイプのクッキングペーパーを広げ、1(皮目を下)、じゃがいもとその上に玉ねぎ、最後にブロッコリーをのせる。ぬらしたフエルトタイプのクッキングペーパーをかけ、手羽元の上だけラップをふんわりかけて電子レンジ(600W)で6~7分加熱する。   Point! 手羽元の上にラップをかけると、火通りがよくなる! 3.ボウルにAを混ぜ合わせ、手羽元を加えてからめる。別のボウルにBを混ぜ合わせ、じゃがいも、玉ねぎをあえる。ブロッコリーはCであえる。いずれもそのまましばらくおいて、粗熱をとる。 4.お弁当箱にご飯とおかずを詰め、ご飯の上に小梅をのせ、青のりをちらせばでき上がり! 〈レシピ / 小田真規子〉 料理研究家・栄養士。健康に配慮した、作りやすくておいしい料理に定評がある。料理の基本や、つくりおきおかずのレシピの他、ダイエット中でも食べられる本格的なお菓子の提案も人気。 よかったら、「いいね!」や「シェア」をお願いします。 感想やレシピのリクエストもどんどんコメントしてください! #お弁当 #BENTO #簡単 #時短 #電子レンジ #レンチン #フェルトタイプのクッキングペーパー #手羽元 #南蛮漬け #ポテトサラダ #ブロッコリー #塩昆布 #おうちごはん #Spooonn #スプーン
  • Spooonn!

    Spooonn!

    4月24日 20:00

    【まぐろのからすみパスタ】 by 佐藤礼子(シチリア在住の料理家) にんにくとオリーブオイルのソースに粉末のからす...もっと見るみをプラスするだけで、おもてなしパスタに変身! まぐろのからすみは、よくあるボラのからすみよりもうまみが凝縮して美味! ネット通販でも購入できます♪(編集・おおや) 材料(2人分) まぐろの粉末からすみ          大さじ1 プチトマト(へたを取り縦4等分)     5個 バジルの葉               3枚 イタリアンパセリの葉(粗みじん切り)  小さじ1 スパゲティ               160g A  オリーブオイル            大さじ1  赤唐辛子(種をとり輪切り)      1/2本  にんにく(皮をむいてつぶす)     1かけ パスタのゆで汁             大さじ4 まぐろの粉末からすみ(仕上げ用)    小さじ1 オリーブオイル(仕上げ用)       適量 作り方 1.フライパンにAを入れて弱火にかける。フライパンを傾けて、にんにくの香りを引き出す。 2.湯をわかして塩を入れる(水1L:塩10g分量外)。スパゲティを袋の表示どおりにアルデンテにゆでる。 3.1にトマト、パスタのゆで汁大さじ2を加え、弱火で2~3分煮る。手でちぎったバジル、イタリアンパセリ、からすみ、パスタのゆで汁大さじ2を加え、スプーンでよく混ぜる。 4.中火にして、2を加えてよくからませる。器に盛り、仕上げにからすみをふり、オリーブオイルを回しかければでき上がり! 〈レシピ/佐藤礼子〉 イタリア料理人・イタリア菓子職人を経て、2004年、イタリアに渡り、イタリア全土の郷土料理を学ぶ。2005年からはシチリア島に住み、地元の人との交流を深めつつシチリアの食文化、郷土料理を研究。料理教室も常に人気! このレシピはこの本から↓ 『イタリアで一番おいしい家庭料理 シチリアのおうちレシピ』 http://amzn.to/2ngPxAg よかったら、「いいね!」や「シェア」をお願いします。 感想やレシピのリクエストもどんどんコメントしてください! #パスタ #まぐろの粉末からすみ #まぐろのからすみ #カラスミ #からすみ #スパゲティ #パスタ部 #オリーブオイル #にんにく #アーリオオーリオ #シチリア #おうちごはん #Spooonn #スプーン #おもてなし #簡単おもてなし #すぐでき
  • Spooonn!

    Spooonn!

    4月21日 20:27

    【きのこのラザニア 春巻きの皮パリパリ☆】 by 結城寿美江(料理家) 春巻きの皮で作るお手軽ラザニア。人気のスキレ...もっと見るットひとつでできちゃいます! オーブンで焼いてパリパリになった皮の食感がアクセント♪(編集・おおや) 材料(2人分) 〈ミートソース〉  合いびき肉          150g  玉ねぎ(みじん切り)     50g  干ししいたけ         1枚  にんにく(みじん切り)    1/2かけ  オリーブオイル        小さじ1  赤ワイン           大さじ2  A   トマト缶          200g   ブイヨン(キューブ)    1個   しいたけの戻し汁      50ml   塩、こしょう        各少々 〈ホワイトソース〉  小麦粉            20g  牛乳             200ml  バター            20g  しめじ            50g  塩、こしょう         各少々 春巻きの皮           8枚 モッツァレラ          1個 溶けるチーズ          50g バジルの葉           適量 作り方 1.干ししいたけは水で戻し、みじん切りにする。戻し汁はとっておく。 2.スキレットにオリーブオイル、にんにくを入れて熱し、香りが立ったら、合いびき肉、玉ねぎ、しいたけを加えて炒める。赤ワインを加えてアルコールを飛ばし、Aを加え、ふたをして弱火で10分煮込む。 3.ボウルに小麦粉を入れ、牛乳を少しずつ加えながら溶きのばす。 4.フライパンにバターを熱してしめじを炒め、3、塩、こしょうを加えて、とろみをつける。 5.2の2/3量を取り出し、残りを平らにならしてモッツァレラの1/3量をちぎってのせる。 6.春巻きの皮を2枚重ねてのせ、4の1/2量、春巻きの皮2枚、残りの2の1/2量、残りのモッツァレラの1/2量の順にのせる。 7.6をもう一度くりかえし、溶けるチーズをかけて、190℃に予熱したオーブンで15~20分焼く。バジルの葉をちらせばでき上がり! 〈レシピ / 結城寿美江〉 料理家。エコールキュリネール国立製菓カレッジ卒業後、有名菓子店で修業。その後、料理家・川上文代氏に師事する。簡単でおいしい毎日のおかずから本格料理、スイーツまで、得意料理のジャンルは幅広い。著書に『作りおきべんとう』(エイ出版社)などがある。 よかったら、「いいね!」や「シェア」をお願いします。 作った感想やレシピのリクエストもどんどんコメントしてください! #ラザニア #きのこ #春巻きの皮 #ミートソース #合いびき肉 #ひき肉 #ホワイトソース #ダマにならないホワイトソース #モッツァレラ #チーズ #スキレット #おうちごはん #Spooonn #スプーン 
  • 成熟に向かう大人の女性へ
  • spooonn!
  • ai

このページのTOPへ戻る