• > スタイリスト地曳いく子が提案「50代こそトレンドのものを手に取るべき」 [おとなスタイル]

スタイリスト地曳いく子が提案「50代こそトレンドのものを手に取るべき」 [おとなスタイル]

2016年12月13日(火) 09時00分配信

素敵な50代を過ごしましょう

年齢を重ねれば、誰もがおしゃれの壁にぶち当たります。見た目の変化に落ち込みますが「それは問題ではないんです!」と語るのは人気スタイリスト・地曳いく子さん。心強い限りです。

“私たちは「ガラスの50代」。ゆるくポジティブに行こう”

『なかなかやせない』『去年の服が似合わない』『あちこち下がる一方』と自分にダメ出しばかりしていませんか? おしゃれをもっと楽しむだけで、体型の悩みは簡単に克服できるのに……と地曳いく子さんは言います。

「これまでは隠したりごまかしたりが主流の、いわば守りのボディシェイプでした。でもそれは身長や年齢、悩みの部分によってアプローチが異なるパーソナルなもの。だから、本の通りにやっても、成功しなかったんです」

今回、地曳さんが提案するのは流行を使った“攻め”のスタイルアップ。

「女優ライトと呼ばれる強い照明をあてるとシワが飛んで美肌に映りますよね。同じように着こなしが今っぽければ、細かなことより“何だか素敵な印象”だけが残るんです。じつはベーシックって共通基準なので自分自身がモロに出る難しいアイテム。見慣れないトレンドのほうが簡単ですよ」

今季は、おとなにやさしいオーバーサイズやゆったり感がトレンド。ゆるくポジティブな体型克服のおしゃれ、さっそくトライしてみましょう!
流行は “ゆるゆる”。 時代が私たちに味方しています

洗練されたワントーンを男靴でハズす

流行は “ゆるゆる”。 時代が私たちに味方しています

今までならパンプスですが、今季は“重ため靴”が気分です。重めのアクセサリーをバランスよくちらして着こなします。

カーディガン、ブラウス/セオリーリュクス、ネックレス/コンチィ フォー セオリーリュクス(リンク・セオリー・ジャパン) パンツ/マイポルテ(ガリャルダガランテ 表参道店) バングル/自由区(オンワード樫山 お客様相談室) バッグ/デルコンテ/アマカ(SANYO SHOKAI) 靴/カティーニ(トレ トレ 青山本店)

ゆるくてカッコいい「ボリュームonボリューム」

「新シルエットで即今どきの素敵に」
インナーを着れば、シャツの前をたっぷりあけてもカジュアルに、おとなの抜け感を自由に調節できます。すそは前だけをインして。横や後ろから見たときも、着やせ効果絶大です。

ブラウス、パンツ/エンフォルド カットソー/ウォルフォード(ウォルフォード銀座並木通り店) 時計/オブレイ(オブレイ・ジャパン) ブレスレット/メゾン ボアネ(ウィム ガゼット 青山店) バッグ/ルイロン(ガリャルダガランテ 表参道店) 靴/ラ テナーチェ(エヌディーシージャパン)
■Profile
スタイリスト 地曳いく子さん
じびきいくこ
1959年、東京都生まれ。数々の女性誌で活躍し、キャリア30年を超えるベテラン・スタイリスト。“ おとなのおしゃれクライシス”をテーマにした著書が好評。現在はスタイリングのみならず、テレビ、ラジオでもコメンテーターとして活躍中。

 

(撮影/谷田政史)

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

このページのTOPへ戻る