• > 50代、今が一番きれいと言われる必見メイク術とは? | おとなスタイル

50代、今が一番きれいと言われる必見メイク術とは? | おとなスタイル

2016年03月05日(土) 09時00分配信

明るさだけを足し、影だけを上手に消すのが鉄則

同窓会で目指すべきは、いい時間を過ごしてきたと思わせる「感じのいい美しさ」。
それが一番表れるのは肌です。シワやくすみを厚塗りで隠すのではなく、光を加えることで、つややかで明るい素肌感があるベースメイクに仕上げましょう。
≪Step1≫

疲れや年齢感は影を作るから明るい色のコンシーラーを

≪Step1≫

下地+リキッドファンデをつけた後は、目元やほうれい線の影ができる部分だけに肌よりも明るいトーンで柔らかい質感のコンシーラーを。影消しのハイライターとしてプラス

トントンと軽く叩きながら広げないようにぼかす

影の部分に乗せたコンシーラーは広げすぎると“影消し”効果が弱まるので、薬指で軽くトントンとたたくようにしてなじませる。色むらができていないか鏡で確認を。
≪step3≫

仕上げは、微粒子タイプのハイライターで定着させる

≪step3≫

Step1〜2のコンシーラーの浮きや崩れを防ぐため、パウダーを重ねて定着させる。パール粒子が細かく、ツヤ感のあるハイライターを幅広めのブラシでフワッと重ねて。

【関連記事】

NEWS&TOPICS一覧に戻る

このページのTOPへ戻る